きゅうり

image:秒刊SUNDAY

深夜におつまみが欲しい!でもコンビニ行くのが面倒、つーか近所にコンビニなんかねーよ!なんて方もいらっしゃると思います。「塩でも舐めていれば酒が呑める」という特殊能力をお持ちの方は別として、ほんの10秒できゅうりを無限に食べ続けることが出来るおつまみを作る方法をお教えします。ちなみに筆者、深夜のおつまみは最近ほとんどコレを作っています。

「きゅうり」と一緒に食べるのは「豚汁」だ!

一家に1本だけでなく常に5~6本はおいておきたいきゅうり、筆者の冷蔵庫にも常にストックされています。時間がある時は浅漬けにしたりサラダに入れたりするのですが、何もしたくない時の食べ方は「豚汁」で食べるんです!とはいえ、お湯を入れるわけではないんですけれど。

image:秒刊SUNDAY

洗ったきゅうりの両端を包丁やナイフでカットします!・・・と書いておきますが、人様に読んでいただく記事なので包丁を使いましたが、普段は噛みちぎっています。だって包丁洗うのも面倒じゃないですか、夜中に洗い物したくないですし。

image:秒刊SUNDAY

そして使うのはこいつ「トップバリュ」の豚汁、お値段4杯分で78円です!もちろん生味噌タイプなら何でもいいのですが、豚の旨味と野菜の甘味が混じったコイツがベスト!わかめやあさりだと磯の香りが強すぎて、きゅうりには合いませんでした。

image:秒刊SUNDAY

これをきゅうりに塗りながら、ポリポリ食べるだけ!低カロリー低糖質で罪悪感全くなし!準備に10秒もかからない超優良のおつまみなんです。

image:秒刊SUNDAY

ちょっとずつ塗るのが面倒な時は、側面に一気に塗ってしまいましょう。

image:秒刊SUNDAY

1分だけ手間をかけられる人はこちら!

「おいおいバカにすんなよ!包丁くらい使わせろや!」という方は、スティック状に切って「とん汁」をつけて食べちゃいましょう。

image:秒刊SUNDAY

「きゅうり」ですからね、当然キムチにも合うわけですよ。

image:秒刊SUNDAY

酔っ払う前に、ただキムチに和えておくだけでも完璧なおつまみに!ごま油をほんの少し垂らしておくと、更に旨味がアップしますよ。

image:秒刊SUNDAY

「豚汁1杯分」で、きゅうり3~4本は消費することが可能!味もコスパも最高、手間もかからない「きゅうりのおつまみ」は最高すぎてビールが止まらん!(DRY COOLはファミマアプリの無料クーポンでいただきました)

image:秒刊SUNDAY

料理をするのが面倒な時は、何もしないのがいちばんです!出来る限り手を抜けるところは手を抜いて、明日のためにチャージ(主にビール)しておきましょう!今回も美味しく出来ました、ごちそうさまでした!

手間も時間もかけたいから、もっと本格的な「きゅうり」のおつまみを食べたい!という方はこちらをどうぞ。冷蔵庫に材料が全部揃っているので、今から(午前3時15分)作ってみるか・・・

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「たった10秒、きゅうりとアレだけで無限に喰えるおつまみを作る方法