アマゾン

image:秒刊SUNDAY

メールというツールは、瞬時に相手に要件を伝えるために非常に有効な手段ではありますが、反面、不必要な文書も闇雲に送れてしまうという問題をかけております。そんな抜け口を悪用し、日々我々にスパムメールを送りつけてくる業者で後をたたないわけですが、今回話題となっているのはまるでアマゾンのようなメールです。

まるでアマゾンのようなメール

ではさっそく問題のアマゾンそっくりメールを探してみることにします。報道によると、まるでアマゾンのようなメールが来るということですが、そんなメールが都合よく来るわけが・・・なんと来ていたのです。直近で2通もそんな怪しげなメールが着信しておりました。

要件は「Аmazonアカウント一時停止、個人情報を確認する必要」

というなんとも物騒な内容で記載されており、これはうかつにクリックしてしまいそうな、鬼気迫るCTR高めなタイトルです。

image:秒刊SUNDAY

メールの最後には「支払い方法の情報を更新する」というボタンがあり、誘導させられます。もちろんこのボタンのリンク先は、詐欺サイトへ誘導させられるだけなので本来は絶対に押してはいけません。

しかし今回は「あえて」これを押してみます。1回押しただけでは昔のような「1クリック詐欺」のような問題は発生しません。

image:秒刊SUNDAY

YAHOOからの警告文がでてきました。これにもめげず押してみます。その後とんでもない画面がでてきます。

カード情報を抜き取られる

image:秒刊SUNDAY

ユーザ名・パスワードは適当に「11111」とか入れておいても突破できます。もちろん本物を入れればその情報を抜き取られる恐れがあるので絶対に入れてはいけません。

更に進んでいくと、今回のこのサイトの狙いである「カード情報」の入力となります。相手はこの情報を不正に入手し更にその情報を闇の組織に売りさばくはずです。

ですので、ここも適当なカード情報を・・・と思ったら、なんとこのカード情報適当な数字ではダメであることが判明。「有効なクレジットカードまたはデビットカードを入れてください」と、しっかりチェックされているのだ。

もちろん正しいカード情報を入れるきも更々ないので、ここで断念するのですが、これに気づかず、本当にAmazonアカウントが停止すると勘違いしている方は是非とも注意していただきたいものです。

絶対にメールを開いてはいけません。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「アマゾンそっくり詐欺メールに、あえて釣らてみた、衝撃の結果に