※動画配信は終了しました。
 河野外務大臣は、就任後初めてとなる中国訪問に向け27日午後、羽田空港から出発しました。外相会談などを通じて、首脳間の往来を含む日中関係の全面的な改善の実現を後押ししたい考えです。
 河野大臣は28日に王毅外相のほか、外交部門を統括する楊潔チ国務委員と会談する予定です。李克強首相との会談も調整が進められています。

 外務省は日中平和友好条約の締結から40年を迎える今年、「日中関係を全面的に解決したい」としていて、まずは李首相が初めて日本を訪れる機会となる日中韓サミットの開催スケジュールをすり合わせることにしています。そして、その後の安倍総理の訪中、習近平国家主席の訪日という首脳間の相互往来の実現に弾みをつけたい考えです。(27日15:16)