ロシアの都市イルクーツク。
マイナス24度の気温のなか行われたのは、水着姿でのマラソンです。
主催したのはリストヴャンカの「ice swimmers club」。この「健康的な習慣」を広めるべくイルクーツクでのマラソンを企画したそうです。