昨年10月に発生した米近代史上最悪の銃乱射事件に巻き込まれ、一時重体に陥った被害者の女性が奇跡的な回復を遂げ、帰宅できる見通しとなった。女性の夫は、生命維持装置を外して臓器移植のドナーになることを医師団から打診されたという。だが、夫婦は生きることをあきらめなかった。