はじめに

旅色アンバサダーのみんさゆさんは、「四季を楽しむ」が人生のモットー。季節に合わせて素敵な場所を探し、思い出に残る写真をインスタグラムにアップしています。今年も早速、春の訪れとともに出向いていった味わい深い場所をご紹介します。

早春トリップ①三浦海岸で河津桜を愛でる

三浦海岸の河津桜は有名ですね。早咲きなので、ソメイヨシノの季節の前に、ひと盛り上がりするのが毎年恒例。「四季を楽しむ」ことがモットーのみんさゆさんらしく、早速訪れたそうです。

「三浦海岸の河津桜は特別!京急線の赤、河津桜のピンク、菜の花のイエローが織り成す景色は最高です!」

「線路沿いは満開の桜ロードで、車内からの眺めも美しいです」

見頃は2月下旬までということなので、残念ながら見逃した方はぜひ来年の予定に入れてくださいね!

早春トリップ②北鎌倉古民家ミュージアムで癒される

北鎌倉古民家ミュージアムは、築100年以上になる古民家を利用した展示スペースで、北鎌倉駅より徒歩2分という好立地にあります。「おひなさまとつるし飾り」展を見に、着物でお出かけ!

「北鎌倉古民家ミュージアムのつるし雛はクオリティが高く、種類も豊富で見ているだけで楽しかったです」

「おひなさまとつるし飾り」は、4月1日まで開催。そのほか、同じく4月1日まで「粟野敦子 創作人形展」を開催しています。

この古民家は、幕末の福井県の農家3軒分を移築したものだそう。企画展を楽しみながら、ほっこりした雰囲気に癒されそうですね。

施設情報
◆北鎌倉古民家ミュージアム
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内392-1
電話番号:0467-25-5641
定休日:年始
開館時間:10:00~17:00

早春トリップ③名古屋「白壁地区」で歴史に触れる

「トヨタグループの創始者、豊田佐吉の弟の邸宅であった旧豊田佐助邸は感銘を受けました!襖、雨戸、天井、御手洗いなど細部までも全て意図するものがあって、計算され尽くした屋敷です。大正時代にこんな現代的な造りが出来るなんて相当な富豪だったのですよね。しかも無料開放で、ガイドさんがすごかった!」

「この屋敷がある白壁地区の重厚感は、なかなか他には無い迫力。ぜひおすすめしたいエリアです」

白壁地区は、大正から昭和期にかけて名古屋の発展に貢献した実業家の屋敷等が多く保存されている界隈。なかでもこの旧豊田佐助邸は見逃したくないですね。

施設情報
◆旧豊田佐助邸
住所:愛知県名古屋市東区主税町3丁目8
電話番号:052-972-2780(名古屋市観光文化交流局 歴史まちづくり推進室)
入館料:無料
休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)
開館時間:10:00~15:30

早春トリップ④秩父の隠れた名店カフェで和む

2月、まだ寒い時期ですが、秩父探索に出かけたみんさゆさん。お目当ては、なんと可愛いカフェ!?

「可愛いカフェあるある探検隊のみんさゆです!この泰山堂カフェは、隠れた名店。味のあるカフェなんです」

泰山堂カフェは秩父神社にほど近いところにある、有形文化財にも登録されている建物の古民家カフェ。インテリアもさることながら、スイーツも人気。アートや建築好きなみんさゆさんらしいチョイスですね。

施設情報
◆泰山堂カフェ
住所:埼玉県秩父市番場町11-6
電話番号:0494-22-0946
定休日:火曜日・第3水曜日(GWは営業)
営業時間:11:30~18:00(L.O.17:00)

おわりに

「四季を楽しむ」のは、旅の醍醐味ですよね。それを体現しているみんさゆさん、インスタグラムで多くの人と情報共有しています。撮影の仕方にもこだわりがあるから、どの写真も印象的です。素敵な場所を探して楽しみ、いつまでもそれを覚えておきたいなら、インスタグラムに投稿しましょう。その際には「#旅色アンバサダー」をお忘れなく!

情報提供元:旅色プラス
記事名:「【旅色アンバサダー通信】「四季を楽しむ」がモットーのみんさゆさんによる早春トリップ4選