小樽は「坂の街」と言われます。 海から小樽駅に向かって緩やかな上り坂になっているからです。 小樽も明治から大正時代に、西洋の列強文明に抗して伸び伸びとまるで坂の上の雲を掴み取る様な順調な発展をした街です。 太平洋戦争前まで、この小樽は北の玄関であり、北海道随一の経済的中心でした。 江戸時代前は北前船が大阪と往き来していたという歴史があります。 経済的中心であったから、その面影が街の至る所に色濃く残されています。 観光で訪れる方におすすめな足を運ぶといい場所をご紹介します。

全文を読む