20191130_mitsubishi_heavy_indus_sarubia

三菱造船は、東海汽船向けに建造している貨客船の命名・進水式を、11月27日に下関で実施した。

20191130_mitsubishi_tokai_line

東海汽船が運航する「2代目 さるびあ丸」の代替船として建造され、同じ船名を3代目として引き継いだ。今後は、艤装工事を経て2020年6月に引渡しを行い、東京・大島~利島~新島~式根島~神津島を結ぶ航路や、夏季の東京湾納涼クルーズに就航する。

「3代目 さるびあ丸」は、「繋ぐ」をコンセプトに、島の海に映える「TOKYOアイランドブルー」を船体の色に採用した。長さ約118メートル、幅17メートル、総トン数約6,200トン。貨物コンテナ38個の積載能力を有し、約20ノットで運航する。旅客定員は1,343人。

情報提供元:Traicy
記事名:「三菱造船、東海汽船の貨客船「3代目 さるびあ丸」の命名・進水式を実施