POCKETALK(ポケトーク)

南海電鉄は10月1日から、ソースネクストが販売する通訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」を導入した。

ポケトーク Wは、74言語に対応した小型・軽量の通訳機で、駅窓口やサービスカウンター、ホームの係員が携帯し、訪日外国人客を案内する際に使用する。

導入する駅は、南海本線・空港線・加太線の難波・新今宮・天下茶屋・堺・羽衣・泉大津・岸和田・貝塚・泉佐野・りんくうタウン・関西空港・尾崎・みさき公園・和歌山市・加太の15駅29台と高野線の汐見橋・住吉東・堺東・三国ヶ丘・中百舌鳥・北野田・金剛・河内長野・林間田園都市・橋本・高野下・高野山の12駅13台。

特急ラピート車内にも、乗務する車掌が携帯する形で計8台を導入する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「南海電鉄、特急ラピート車内と主要駅に「ポケトーク」導入 インバウンド対応を強化