日本航空(JAL)は、仮想現実(VR)を活用した整備訓練のトライアルを実施する。

東芝システムテクノロジーとともに、整備作業の際に必要となるエンジン試運転の工程を、CGで再現したVR訓練教材を、整備訓練教官の監修のもと開発した。エンブラエル170型機と190型機の整備士が国家資格を取得する際の訓練の一部として活用する。期間は7月から9月まで。

通常はコックピットの模型やシミュレーターを使って操作の学習を行っている。新たなツールでは実際の音声や計器の動きが忠実に再現されており、実際の飛行機が身近にない環境でも、VR空間で実際の整備作業に近い訓練機会を創出することで、整備作業の習熟度向上を目指す。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、VR活用した整備訓練のトライアル実施 エンジン試運転をCGで再現