エアアジア・ジャパン

エアアジア・ジャパンは、2019年2月にも、名古屋/中部〜台北/桃園線を開設する。日本経済新聞電子版などが伝えた。

名古屋/中部〜台北/桃園線は、日本航空(JAL)、チャイナエアライン、タイガーエア・台湾、キャセイパシフィック航空をあわせた5社が運航しており、エバー航空も2019年6月に就航を表明している。

エアアジア・ジャパンは、2017年10月に名古屋/中部〜札幌/千歳線を1日2便で就航を開始した。今年7月には1日3便に増便している。現在は180席を配置した、エアバスA320型機を2機保有している。名古屋/中部〜台北/桃園線は、就航当初は1日1便を運航する見通し。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジア・ジャパン、名古屋/中部〜台北/桃園線を来年2月開設へ