シンガポール航空は、東京/羽田〜シンガポール線を12月29日より増便する。

これにより、東京/羽田〜シンガポール線は1日4便、東京/成田〜シンガポール線は1日2便の1日計6便体制で東京とシンガポールを結ぶことになる。

増便となる便は、東京/羽田を午前2時30分に出発し、シンガポールには午前9時15分に到着するSQ639便と、シンガポールを午後5時25分に出発し、東京/羽田に翌日の午前1時に到着するSQ630便。機材はファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの4クラス制のボーイング777-300ER型機を使用する。

■ダイヤ

SQ639 東京/羽田(02:30)〜シンガポール(09:15)

SQ631 東京/羽田(08:50)〜シンガポール(15:25)

SQ637 東京/成田(11:05)〜シンガポール(17:45)

SQ633 東京/羽田(16:40)〜シンガポール(23:20)

SQ11 東京/成田(20:55)〜シンガポール(03:55+1)

SQ635 東京/羽田(22:50)〜シンガポール(05:25+1)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、東京/羽田〜シンガポール線を12月29日より増便 東京線は6便体制