アトレは、土浦駅直結のペルチ土浦をコンバージョンし、日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre TSUCHIURA」として、3月29日にオープンする。

全長180キロのサイクリングコース「つくば霞ケ浦りんりんロード」のスタート地点に、シャワーやコインロッカー、レンタサイクル、サイクルショップ、サイクルカフェなど、サイクリングを楽しむためのベースキャンプ「りんりんスクエア土浦」が、第1弾として地下1階と1階部分にオープンする。館内には自転車の乗り入れ、持ち込みができる。サイクリングコンシェルジュが常駐し、地域の観光スポット、サイクリングコースのご案内など、サイクリングや街の楽しみ方についての旬な情報を提供する。

4月22日には上野駅発のサイクリスト向け団体臨時列車を運行する。土浦駅から真壁休憩所までを往復する約60キロの「つくば霞ケ浦りんりんロード」のサイクリングを楽しむことができる。参加費は上野駅から6,000円、現地から3,000円。

2019年秋以降にグランドオープンする計画で、サイクリングホテル、レストラン、フードマーケットなどをオープンする予定。

情報提供元:Traicy
記事名:「アトレ、日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre TSUCHIURA」を3月29日オープン 土浦駅直結