TOYOTAは、ルーミーをマイナーチェンジし、全国のトヨタ車両販売店を通じて、9月15日に発売した。

カスタムG-T<オプション装着車>

G<オプション装着車>

TOYOTAは、ルーミーをマイナーチェンジし、全国のトヨタ車両販売店を通じて、9月15日に発売した。これまでの姉妹車タンクはここで生産を終了し、ルーミーに一本化される。これは、5月からトヨタの全てのモデルが全店舗で販売できるようになり、姉妹車の必要性がなくなったからだ。直近の8月の販売台数はルーミーが5617台、タンクが2792台とここのところルーミーの方が販売台数が多いため、ルーミーに名前が統合された。

カスタムG-T<オプション装着車>

マイナーチェンジの主な変更内容

・衝突回避支援ブレーキ機能、衝突警報機能の検知対象に、同じ方向を走っているバイク・自転車などの二輪車と、夜間の歩行者も追加

・全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールなどを搭載

・フロントフェイスのデザイン変更

・外板色にクールバイオレットクリスタルシャイン、ターコイズブルーマイカメタリックを新たに採用

・シート形状、シート表皮の変更

G<オプション装着車>

カスタムG-T<オプション装着車>

・9インチディスプレイオーディオを全車にオプション設定

・ウェルカムパワースライドドア、スマートフォンなどの充電用USB端子を標準装備

155万6500円~209万円(消費税込み)

月販目標台数

8700台/月

ルーミーは人気車種で、販売ランキングでも常に上位にランクインしている。今回のマイナーチェンジで姉妹車タンクとモデルを統合したことで、これまで以上に販売台数を伸ばせるか楽しみだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トヨタ・ルーミーがマイナーチェンジ 姉妹車タンクを廃止して一本化!