トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社は、「007」 シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル 「Scrambler 1200 Bond Edition」を発表する。全世界で限定250台、日本限定20台。メーカー希望小売価格は2,590,000円(税込)となる。発売時期は2020年6月下旬を予定している。

ジェームズ・ボンドモデル/Scrambler 1200 Bond Edition……2,590,000円(消費税10%を含む)

 2019 年12月、トライアンフは「007」シリーズの製作会社であるイーオン・プロダクションズと新たにパートナーシップ契約を締結したことを発表し、シリーズ最新作となる第25作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のダイナミックなアクションシーンでトライアンフのバイクが使用されていることを明らかにした。



 今回のコラボレーションを記念し、英国の老舗バイクメーカーであるトライアンフ・モーターサイクルズから、「007」シリーズ初となるオフィシャルなジェームズ・ボンドモデル「Scrambler 1200 Bond Edition」が誕生する。

 「007」モデル専用のデザインが目を引くこのScrambler 1200は、全世界で250台、日本限定20台のみという大変希少な限定モデルだ。Scrambler 1200 Bond Editionは、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のバイクスタントシーンに登場するカスタムのScrambler 1200をイメージして製作された。Scrambler 1200シリーズ最上位モデルである「XE」の傑出した性能とプレミアムなディテールをすべて踏襲している。

優美でオリジナリティ溢れるジェームズ・ボンド専用デザイン

●プレミアムな「007」専用ボディワーク:

・ 007のロゴが入った美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャー

・ ロゴ刺繍入りの高級本革シート

・ TFTディスプレイにBond Edition専用スタートアップ画面を採用

・劇中でボンドが駆るバイクをイメージした「007」専用ボディカラー





●フィニッシュをブラックアウト:

・ブラックアルマイト仕上げのリアマッドガードとハイレベルフロントマッドガード

・エレガントなブラックフォーク

・上質なエンジンバッジにゴールドのアクセント

・ブラックパウダーコートのスイングアームとスプロケットカバー

・ブラックアルマイト仕上げのグラブレール、サンプガード、インフィル



●美しいアイテムとディテール:

・ブラックアルマイト仕上げのシュラウド付きフォグランプ

・ Arrowサイレンサーとカーボンファイバーエンドキャップ

・削り出し加工のフロントブレーキリザーバー

・ブラックのリアホイールアジャスター

・ステンレス製ヘッドライトグリル

●希少なリミテッドエディション

・全世界で250台、日本限定20台

・シリアルナンバー入りプレートと専用バッジ付き

・Bond Edition専用ハンドオーバーパック

・Scrambler 1200 XE の傑出した性能をすべて踏襲

・2気筒エンジンが繰り出すスリリングなパフォーマンス:90PS@7,400rpm、110Nm@3,950rpm

・カテゴリーをリードするフットワーク

・クラストップの最先端テクノロジー、スペック、装備

・息をのむScramblerスタイル



 Bond Editionは、Scrambler 1200シリーズの最上位モデル「XE」が誇るカテゴリートップの性能に加え、クラストップのテクノロジー、スペック、各種装備を搭載している。美しくオリジナリティのあるディテールやフィニッシュからはワンランク上の高級感が漂う。

優美でオリジナリティ溢れる「007」専用デザイン

 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のスタントシーンに登場するScrambler 1200をイメージしたScrambler1200 Bond Editionは、英国を象徴するパートナーシップを記念し、プレミアムなサファイアブラックのボディカラーを纏う。

 タンクには特大サイズのトライアンフバッジとブラッシュ仕上げのデカールフォイルニーパッド、そしてゴールドの手描きコーチラインが入る。「007」モデルであることを示すロゴも随所に取り入れられている。

 美しいエキゾーストナンバーボードとサイドパネルロアフィニッシャーには「007」のロゴがプレス加工され、高級本革シートにはロゴ刺繍が施され、TFTディスプレイには「007」専用のスタートアップ画面が採用される。



 ブラックアウトされた美しいアイテムも、このモデルを引き立てている。プレミアムなリアマッドガード、グラブレール、サンプガートはブラックアルマイト仕上げ、フォークもブラック、上質なエンジンバッジにはゴールドのアクセント、スイングアームとスプロケットカバーはブラックパウダーコート。

 ジェームズ・ボンドが持つイメージとブラックアウトされたプレミアムなフィニッシュに相応しく、Bond Edition にはワンランク上のディテールとアイテムが採用されている。



 ハイレベルフロントマッドガードはブラックアルマイト仕上げ、フォグランプはブラックアルマイトのシュラウド付き、プレミアムなArrowサイレンサーはカーボンファイバーのエンドキャップ付きとしたほか、削り出し加工のフロントブレーキリザーバーやブラックのリアホイールアジャスター、ステンレス製ヘッドライトグリルが装備される。

刺激的なパフォーマンス

 Scrambler 1200 Bond Editionは、Scrambler専用チューニングのエンジンがカテゴリートップのトルクを発生する。爆発間隔を270度とし、洗練された6速ギアボックスからスムーズかつリニアなパワー伝達を実現。Scramblerのために進化を遂げた 1200ccエンジンが90PS@7,400rpmを発揮。3,950rpmという低回転で最大トルク 110Nmを発生し、オンロード・オフロードを問わず、低速域から中速域にかけて強力なトルクを実感できる。

 造形の美しいハイレベルツインエキゾーストシステムは、ステンレス製ヘッダーパイプを備え、Arrowサイレンサーにはカーボンファイバーのエンドキャップが付属する。Scramblerらしくパンチの効いた野太いサウンドが響く。

 新世代Bonnevilleの例に漏れず、Scrambler1200エンジンにもライドバイワイヤが採用されるほか、巧みに組み込まれた水冷システムによって性能向上、燃費向上、排出ガス低減を達成するなど、現代のモダンクラシックモデルに欠かせない最先端機能が備えられている。

クラストップのテクノロジーと特長

●第2世代のTFTディスプレイ

Scrambler 1200 Bond Editionは、トライアンフの最新型フルカラーTFTディスプレイを搭載。「007」モデル専用のスタートアップ画面が特長のスタイリッシュなディスプレイには、レイアウトデザインが2種類あり、カスタマイズにも対応。スタートアップ画面のメッセージにライダー自身の名前を表示することも可能だ。

●OFF-ROAD PROを含む6種類のライディングモード

ROAD、RAIN、OFF-ROAD、SPORT、RIDER(ライダーが設定可能)といったライディングモードの中から走行条件に合わせてモードを選択すると、スロットルレスポンス、ABS、トラクションコントロールの各設定が切り替わる。これら5種類のモードに加え、Scrambler 1200ではOFF-ROAD PROモードも選択できる。かつてないほどオフロードに特化した設定となっており、本格的なアドベンチャーライディングやスクランブリングに挑戦できる。OFF-ROAD PROモードではABSとトラクションコントロールが停止し、スロットルマップの設定が「Off-Road」になる。

●IMUを活用したコーナリングABSとコーナリングトラクションコントロール

コーナリングABSとコーナリングトラクションコントロールが標準装備されている。走行状況とリーンアングルに応じた最適なブレーキングが可能となり、トラクションコントロールの介入レベルが自動制御される。



●IMU:慣性計測ユニット

Continental社との共同開発による最先端の慣性計測ユニット(IMU)がコーナリングABSとコーナリングトラクションコントロールの働きを最適化する。IMUがロール、ピッチ、ヨー、リーンアングル、加速度を絶えず計測し、安全な走行をアシストする。



●全ライトをLED化

Scrambler 1200 Bond Editionは、5インチヘッドライト、柔らかな光が広がる凝ったディテールのテールライト、ウィンカーなど、すべてがLEDライトだ。

バックライト付きスイッチScrambler 1200 Bond Editionのスイッチハウジング内には、バックライト用のLEDがあり、スイッチがほんのり照らし出されるため、周囲が暗くてもライダーがスイッチ操作を迷うことがない。



●トルクアシストクラッチ

クラッチレバーの操作力が軽減されます。クラッチレバーに軽く触れるだけでよいので長時間でも疲れ知らずで走行できる。



●キーレスイグニッション

Scrambler 1200 Bond Editionには、トライアンフのキーレスイグニッションシステムが標準装備される。キーフォブが感知範囲内にあれば、スイッチハウジングのスタートボタンでエンジンがかかる。セキュリティ向上のため、キーのワイヤレス通信機能をオフにしたいときは、ボタンをワンタッチするだけだ。



●グリップヒーター

Scrambler 1200 Bond Editionには、グリップヒーターが標準装備されます。左側グリップにすっきりと組み込まれたグリップヒーターボタンを操作し、2段階の温度調節でライダーの快適性を向上する。



●クルーズコントロール

Scrambler 1200 Bond Editionには、エレクトロニッククルーズコントロールが標準装備される。左側スイッチハウジングのボタンで操作する。走行中に簡単にアクセスでき、最大限の利便性と安全性を実現。



●USB電源ソケット

Scrambler 1200 Bond Editionでは、5VのUSB電源ソケットで各種デバイスを充電できる。シート下にある収納ボックスの内側に発泡材が貼ってあり、その中にUSB電源ソケットが装備されている。



●My TriumphコネクティビティシステムとMy Triumphアプリ

オプションのMy TriumphコネクティビティシステムとMy Triumphアプリがあれば、電話や音楽、ターンバイターンナビゲーション、GoProカメラといった機能をスムーズに操作できる。操作画面はコネクティビティを重視して設計されたTFTディスプレイに表示され、スイッチハウジングを使って簡単に操作か可能だ。



●クラストップのスペックと装備

オフロード性能を重視したScrambler専用シャシーとライダーのための快適なエルゴノミクス、さらにはオーリンズ社とのコラボレーションも加わり、Scrambler 1200 Bond Editionがクラシックとアドベンチャーの良さを兼ね備えたデュアルパーパスモデルとしてずば抜けた実力を発揮する。Bond Editionはプレミアムなオーリンズ製フルアジャスタブルツインスプリングリアサスペンションユニットとピギーバックリザーバーを搭載。カテゴリートップのホイールトラベル(250mm)とサスペンション性能を誇り、十分なグランドクリアランスで圧倒的なオフロード性能を発揮。ハイスペックなのはサスペンションのみならず、プレミアムなブレンボ製M50ラジアルモノブロックキャリパー、調節可能な折りたたみ式フットコントロール、クラス初採用のチューブレスタイヤ、21インチフロントスポークホイールも装備されている。

主要諸元

新型SCRAMBLER 1200 BOND EDITION

エンジン種類:水冷並列2気筒 SOHC 8バルブ、270°クランク

排気量:1200cc

ボアxストローク:97.6x80mm

最高出力:90PS(66kW)@7,400rpm

最大トルク:110Nm@3,950rpm

燃料供給装置:マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射

エキゾースト:ブラッシュ仕上げの2into2エキゾーストシステム、ブラッシュ仕上げの Arrowハイレベルツインサイレンサー

ファイナルドライブ:Xリングチェーン

クラッチ:湿式多板、アシストクラッチ

ギアボックス:6速

フレーム:チューブラースチール、アルミニウム製クレードル

スイングアーム:両持ち式、アルミニウム製

フロントホイール:チューブレス36本スポーク、21x2.15インチ、アルミニウムリム

リアホイール:チューブレス32本スポーク、17x4.25インチ、アルミニウムリム

フロントタイヤ:MetzelerTourance90/90­-21

リアタイヤ:MetzelerTourance150/70 R17

フロントサスペンション:

ショーワ製47mm径フルアジャスタブル倒立カートリッジフォーク、ホイールトラベル250mm

リアサスペンション:オーリンズ製フルアジャスタブルツインスプリング式ピギーバックリアサスペンションユニット、ホイールトラベル250mm

フロントブレーキ:320mm径ツインディスク、ブレンボ製M50モノブロックキャリパー、ラジアルマスターシリンダー、切替可能で最適化されたコーナリングABS

リアブレーキ:255mm径シングルディスク、ブレンボ製2ピストンフローティングキャリパー、切替可能で最適化されたコーナリング ABS

シート高:870mm

キャスター角:26.9 o

トレール量:129.2mm

乾燥重量:207kg(装備重量:227kg)

燃料タンク容量:16L

情報提供元:MotorFan
記事名:「 トライアンフの限定車、007ジェームスボンド仕様が日本で買える!|SCRAMBLER 1200 BOND EDITION