月間登録台数:440台(19年5月〜10月平均値)

現行型発表:17年1月(一部仕様変更:19年1月)

JC08モード燃費:17.2km/ℓ ※「TDI」系



REPORT●工藤貴宏(KUDO Takahiro)

PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

MODEL●住吉史衣(SUMIYOSHI Fumie)



※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

タイヤが大きく見えるデザインとし、どっしりと構えている安定感溢れるスタイリングを演出している。スポーティ仕様 の「R-Line」は前後バンパーも踏ん張り感を強調したダイナミックな意匠が特徴。車体サイズはトヨタRAV4やマツダCX-5とほぼ同じだ。

主要諸元 TDI 4MOTION R-Line

全長×全幅×全高(㎜):4500×1860×1675

室内長×室内幅×室内高(㎜):―

ホイールベース(㎜):2675

トレッド(㎜) 前/後:1585/1575

最低地上高(㎜):180

車両重量(㎏):1730

エンジン種類:直列4気筒DOHCディーゼルターボ

総排気量(㏄):1968

最高出力(kW[㎰]/rpm):110[150]/3500-4000

最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):340[34.7]/1750-3000

燃料タンク容量(ℓ):63(軽油)

トランスミッション形式:7速DCT

駆動方式:4WD

タイヤ・サイズ:255/40R20

最小回転半径(m):5.4

JC08モード燃費(㎞/ℓ):17. 2

車両本体価格:539万9000円

先進安全装備

プリクラッシュブレーキはレーダーを活用し、すべての速度域で前方の車両との距離を検知。衝突の可能性が高まると最終的にはブレーキが介入して減速する。30㎞/h未満では歩行者にも対応して接触を防ぐ。

撮影車両データ

ボディカラー:オリックスホワイト マザーオブパールエフェクト

オプション装備:レザーシートパッケージ&DCCパッケージ(53万9000円)/特別塗装色(6万6000円)

ボディカラー

全車にタッチパネルディスプレイを組み込むが、「Comfortline」はディスプレイオーディオ、「Highline」と「R-Line」はナビ付きで画面は9.2インチと大型だ。「Comfortline」を除きヘッドアップディスプレイも搭載。

居住性

後席:シート高690㎜
前席:助手席シート高670㎜


最近のSUVの運転ポジションはオフローダー的に着座位置が高いものと低くてスポーティな仕立てがあるが、ティグアンは前者。周囲を見下ろす感覚がある。後席は十分な広さの足元と、背もたれ角度も調整できる大きめシートのおかげで居心地が良い。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き850㎜
後席格納時:奥行き1770㎜ 高さ800㎜ 幅1000㎜


後席を格納しなくても荷室をアレンジできるのが便利。調整ポイントはふたつあり、ひとつは後席。約150㎜のスライドが行なえ、後席に人が座れる状態をキープしながら奥行きを増やせる。もうひとつは床面で、高さを2段階に調整可能。低くすれば荷室高が稼げ、写真のように高くすれば開口部から倒した後席まで段差のないフロアとなる。

うれしい装備

フロントシートの後ろには、新幹線や飛行機のような格納式テーブルを装備。輸入車では珍しい便利アイテムで、停車時に利用できる。

駆動方式はガソリン車がFFでディーゼル車は4WD。運転席のダイヤルを操作して、雪道など路面に合わせた走行モードに切り替えできる。

「Highline」と「R-Line」のメーターは先進性を感じさせる全面液晶。表示を切り替えて地図を大きく映せるのも特徴だ。

バイヤーズガイド

ガソリンとディーゼルでグレード構成は同じだが、4WDを求めるなら必然的にディーゼルとなる。「Highline」はカーナビや電動テールゲートなど装備が充実、「R-Line」は専用エクステリアや19インチタイヤを追加したスポーティグレードだ。

TDI 4MOTION Highline

ボクのライフスタイルに4WDは必須なので、パワーユニットは自動的にディーゼル。ワイドタイヤは不要なので、「R-Line」は候補外。機能的には「Comfortline」で十分だが、リセールバリューを考慮して「Highline」を選択。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 〈フォルクスワーゲン・ティグアン〉機能と走りが充実したSUVスタンダード【ひと目でわかる最新SUVの魅力】