大型バイクに乗ろうと思って調べると、大抵シート高が高くて諦めてしまう。私のようにちょっと足が短めの人だったり、小柄な女性ライダーなら一度はこんな思いをしたことがあるだろう。前回のホンダ車に続いては、カワサキ車、スズキ車に跨ってみた。両メーカーとも大型モデルの印象が強いメーカーだが、果たして足つき性はやはり悪いのだろうか。今まで敬遠していた人も、そうでない人も、改めてチェックしていただきたい結果になったぞ。



PHOTO:星野耕作(HOSHINO Kosaku)

カワサキZ900RS

カワサキでは、まずZ900RSにまたがった。シート高は800mmだ。

両足同時では爪先立ちになってしまうが、片足立ち前提なら諦めることはない!

往年のZ1やZ2に憧れるマニアは多い。彼らにとりZ900RSは現代版Z1なのだろう。大注目のモデルで足つき性を試してみると、これが意外に「何とかなる」と思える結果だった。まず両足同時に足を下ろすと、若干膝が曲がるものの爪先が着地。アップ目なハンドルなので、手を伸ばした位置にグリップがあり、ポジションは極めて自然。だから爪先立ちでも不安感が少ない。お尻をズラせば片足はベッタリ着地した。車両重量は215kgで、この排気量を考えれば常識的なものだ。

カワサキNinja ZX-14R

ニンジャ最大排気量のZX-14Rに無謀にもまたがってみたぞ!

ZX-14Rでは爪先ツンツンのバレリーナ状態になった。

Ninjaといえばカワサキを代表するブランド。その最大排気量モデルは1441cc並列4気筒エンジンを搭載するZX-14R。海外向けモデルだが、憧れる人は多いだろう。シート高は800mmと意外に低い。だが、外国人向けの車体は非常に大柄。シートからハンドルが遠く離れ、ライディング中ならいざ知らず、一回止まると地獄を見るだろう。両足はツンツン・バレリーナで、お尻をズラしても片足の土踏まずまでしか着地しない。ゴメンなさい、無理です。

カワサキKLX230

カワサキ最後はKLX230。先日デリバリーが始まったばかりのデュアルパーパスだ。シート高は885mmと圧倒的に高い!

もう観念するしかない。まったく足が地面に届かない。

そもそもオフロードモデルはシート高が高い。荒地を走るために最低地上高を上げるためだ。オンでも快適に走行できるデュアルパーパスのKLX230は、市街地でも乗れそうな雰囲気だが、正直諦めるしかない。体重50kgではまたがっても車体が沈み込む気配すらなく、地面ははるか遠く離れたまま。お尻をシートから完全に出してしまえばなんとか着地できるだろう。でも、そこまで苦労して乗りたいかと問われたら微妙。

スズキKATANA

スズキは大注目のKATANAだ。シート高は825mmある。

ボリュームある車体+シート高825mm。正直、無理かもしれない。

カタナといえばバイク乗りなら一度は憧れたことがあるのではないだろうか。そのビッグネームがGSX-R1000をベースに戻ってきた。GSX-R1000はシート高825mmで、新型KATANAも同様。両足同時だと爪先の先端がわずかに着地。お尻をズラしても片足がベッタリ着地することはなく、無理目な印象。アップライトなポジションが救いだが、立ちゴケしてしまう予感がする。

スズキGSX-R1000R

究極の大型スポーツ、GSX-R1000Rにまたがってみると。

印象はほぼKATANAと同じ。前傾姿勢なので相当に辛い。

プロダクションレースで幾多の勝利を挙げた輝かしい栄光。GSX-Rという名前は特別だ。最新の1000R ABSは重量こそ203kgと軽量だが、シート高はKATANAと同じ825mm。ただ数値以上に足つき性は悪く、両足は爪先の先端がわずかに着地するだけ。お尻をズラしても土踏まず付近が着地するだけで、安心感は得られない。この前傾姿勢で街中を走れと言われたら泣きが入りそうだ。最新ハイスペックマシンはサーキットで乗るならいいだろう。

スズキSV650X

中間排気量のツインスポーツ、SV650Xの足つき性はどうだろう。

SVはスズキのVツイン・ミドルスポーツの代名詞。シート高は790mmだ。

SV650Xは過去に試乗しているのだが、その時からシート高が790mmしかないのに足つき性が良くないと感じていた。今回改めてまたがってみても、最初の印象を確認しただけだった。おそらくタックロールにしたシート形状が原因で、幅が広いのだ。ただ、Vツインエンジンの特性を生かしてスリムで軽量な車体だから、不安感はまったくない。お尻をズラすことが前提だが、街中でもイヤになるようなことはないはずだ。

スズキVストローム250

スズキ最後はVストローム250だ! シート高は800mmジャスト!

両足同時だと爪先立ちながら足の指の付け根まで設置した。

スズキ最後はアドベンチャーツアラー、Vストローム250だ。過去にVストローム1000に試乗した時は本当に泣きそうになった。街乗りでは絶えず止まる先に縁石があるか確認しなければ、うっかり停車することさえ躊躇われた。お尻を思いっきりズラして片足爪先立ちな状態。でもこちらの250なら両足同時でも爪先が届く! しかも足の指の付け根まで接地するので車体を支えられる自信が湧いてくる。お尻をズラせば片足ベッタリまで行けるので、余裕で乗れそうだ!

情報提供元:MotorFan
記事名:「 身長163cmでもイケるバイクを探せ! 足着き性を色々試してみた♯3 カワサキ&スズキ編【東京モーターショー2019】