4月10日に発売が開始された新型RAV4が、1ヵ月目となる5月15日時点でおよそ2万4000台もの受注を達成したことをトヨタが発表。久々の日本市場復活は、非常に好調な立ち上がりとなった。

 トヨタはこのヒットにおける主な好評点として、



• SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザイン

• あらゆるシーンに応える、クラストップレベルのラゲッジスペースと便利な気配り空間

• 新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD(世界初採用)」をはじめとした3種類の4WDシステムの優れた走行性能



を挙げている。また購入者のうち20代・30代が約4割を占めているのも最近の新車としては珍しい比率だ。

 また受注実績の主な特徴として



•4WD車を選んだ人は全体の約9割。新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」搭載車は全体の約3割(ガソリン車のうち約6割)。

•メーカーオプションは、インテリジェントクリアランスソナーの選択率が約8割、ハンズフリーパワーバックドアが約6割、快適温熱シート+シートベンチレーションが約6割。

•ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインが約4割、アティチュードブラックマイカが約3割。Adventureの中では新規開発色のアーバンカーキ(ツートーン含む)が約4割



となっている。

後輪の左右トルクを独立制御する「ダイナミックトルクベクタリングAWD」

情報提供元:MotorFan
記事名:「 新型トヨタRAV4が発売開始1ヵ月で約2万4000台を受注! コンパクトSUVのパイオニアの面目躍如