東京オートサロン2019の会場には、カーデザイン的に注目度の高いモデルが展示されていた。これを難波治教授(スバルの前デザイン部長で現首都大学東京教授)と見て回った。シリーズに第3弾は、いよいよ新型スープラ。注目のスポーツカーを教授は、どう見たか。



COMMENT◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) TEXT & PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi/MotorFan.jp)

 トヨタのブースには、新型スープラの開発車(おなじみのカムフラージュ仕様)とスーパーGTのGT500マシン、GRスープラ スーパーGTコンセプト が並んで展示されていた。人混みをかき分け、難波教授がスープラを後ろから見てみる。

 つねづね、モーターショー会場、室内での新車発表会では、造形評価を正しくするのは難しいとおっしゃる教授。高速道路を走っている姿や街中でほかのクルマたちと走っている姿を見て初めてデザイン評価ができる、と難波教授は言う。だから、今回のスープラのデザインについては、あくまでも短評。ほんの第一印象と考えていただきたい。

難波:まず、いい仕事していますよね。力強い。だからボリューム感がちゃんとある。それで、バランス、その量的なバランスとか含めて、スポーツカーらしい、いいバランス、いい肉づきしています。かつ、いくつかのディテールな、これまでのスープラの、スープラである記号性みたいなのあるじゃないですか。そういうものをちゃんと散りばめてあって、それで作ってある。誰もが多分、「あ、スープラだ」って認知できる範疇で、いいんじゃないですかね、とっても。スポーツカーらしいですよ。ボディがマッチョで、それでキャビンがギュッと凝縮しているのは、やはり一番スポーツカーらしいんじゃないですか。トヨタ86にはちょっとそれが足りないですよね、キャビンとボディのバランスが。新型スープラはスポーツカーに見えますね。





MF のっけからいい第一印象ですね、教授。

ボリューム豊かなリヤフェンダーまわり。その前にはドア鋼板にスリットが入っている。

スリット部を前から見る。このスリット、じつはダミーで空気は通り抜けないようだ。

難波:こっちは、ドアの後ろ側のインテークですかね。エアインテーク。



MF:でも閉まってるんですよ、これ。空気は通り抜けないんです、



難波:だからこれ、もし、なんの用もしていないんであれば、こういうのは多分、本当にクルマ好きな人は 嫌ですよね。うん。こういうのギミックですからね。



MF:でもこれは、結局リヤフェンダーをこれだけ膨らませているじゃないですか。そのときにどっかに線が入らないとカッコがつかないから、ってわけじゃないんですか?



難波:いや、そんなことはないでしょう。だって、ポルシェとか別にみんな、フェンダーが膨らんでるクルマ、このスリット作っているわけではないですからね。



MF:兄弟車のBMWのZ4をお目にかけましょう(といって、Z4の写真を見せる)。

難波:はい。うん。なるほど。っていうことはやっぱり、あそこにはインテーク的な必要はないはずなんだよな。トヨタ専用でも。もう一度フロントの写真を見せて。うん。やっぱりBMWはデザインのディテール要素として半歩進んでますね。トヨタよりね。でも、スープラは、全体的なシルエットの動きとか、ボリュームのつけかたとか、らしさとか、全然負けていないと思います。



MF:Z4とスープラを重ね合わせてみました。


トヨタ・スープラとBMW Z4。期待のスポーツカーを重ね合わせる。似てる? 似てない?

難波:ふーん。うんうん。スープラらしくていいですよね。Z4よりもある意味マッチョなスポーツカーぽい感じ。Z4はちょっとスマートにデザインしすぎているかもしれないね。だから、ギミック的な処理はは本当はして欲しくなかったんですけど。このボンネットの膨らみとか、ルーフのこうかぶさったところ、ウインドウがやや狭めに見えるところとか。スポーツカー的にとってもいいような気がします。

難波:でも、タイヤはね、じつはやっぱり少~し、うん、このボディにおいてはタイヤの存在が弱いですね。基本的にはタイヤをもうちょっと外に出ししてほしいし、インチ数も大きくしていけばもうちょっといいと思うんです。ただフロントの、グリルっていうか、ヘッドランプからとタイヤの位置関係ね、サイドまで視線が周り込んでいったときに、タイヤだけ少し下がったりしないので、タイヤの小ささはそんなに目立ちはしない。でも、このクルマ全体のボリュームを受け止めるクルマとしては、タイヤの存在がまだ弱いと思いますね。フロントクオーターから見た、リヤフェンダーと、そのリヤフェンダーを受け持つリヤタイヤの存在感とか踏ん張り感とか、もう少しあったら、もっと良いでしょうね。あとはね、新しい魅力、スポーツカーの新しい魅力みたいなものが、もう少し入っていれば、もっと良かったろうな、って思いました。

MF:でも、ベースのプロポーションは、悪くない?



難波:クルマのプロポーションは、悪くないですよ。でも、タイヤの大きさとか、スタンスまでプロポーションだって入ると、見る角度によってね、もう少し改善する方法はあるだろうになぁ、とは思います。せっかくこれだけ魅力的なフェンダーで、ボリューム感出しているんだから、それをしっかり受け止める、ホイール、タイヤの位置とか大きさとか、できればいいと思います。でも、新型スープラは、かなりいいです。日本のスポーツカーのなかでは、力強くてそのパワー感をカタチにちゃんと表現できている。スポーツカーってやっぱりそういうの欲しいじゃないですか。だからそういう演出、スタイリングによる演出がちゃんとできていて、いいな、って思います。


Mazda3 5ドアHB:マツダの意志が見えてとてもいい。Mazda3のデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が語る


「いいセダンが出ましたね」。Mazda3のデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が語る 4ドアセダン編

情報提供元:MotorFan
記事名:「 いい仕事してますね。ちゃんとスポールカーに見えます。トヨタ・スープラのデザインをスバルの前デザイン部長難波治教授が見る