複数のガラス質被膜を形成するプレミアムスタイルのボディコーティングを展開。新車時施工ならば5年以上の長期保証も嬉しいところだ。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki) PHOTO●澤田和久(SAWADA Kazuhisa)

施工車専用メンテナンスキットを用意している。

 中央自動車工業では、品質に徹底してこだわった3タイプのガラス質ボディコーティングをラインアップしている。



 CPCプレミアムコーティング ダブルGはボディと密着し、持続性を高めながら塗装面を守るベースコートと、光沢や優れた汚れ落ち効果を実現するトップコートの二重の被膜を形成。新車時施工であれば5年間の保証を行う。



 また、CPCスーパープレミアムコーティング エクスGとCPCボディアーマー マキシムは、ボディと強固に密着して持続性や耐久性を高める第一層、高級感のある輝きや光沢を生む第二層、光沢をさらに際立たせて優れた撥水性や防汚効果を発揮する第三層から構成。マキシムについてはボディへの焼き付け施工を行って最適な状態のまま密着させる。新車時施工であればエクスGは5年間保証、マキシムは7年間保証を行う。



最上級となるCPCボディアーマー マキシムの施工面(左)と未施工面。驚くべき撥水性を生み出している。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 中央自動車工業のクオリティにこだわる3タイプのボディコーティング 【東京オートサロン2019】