ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドが、EICMA2018において、2台のコンセプトモデルCB125MとCB125Xを発表した。

ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2018年には欧州市場で25%の成長を見せている125ccカテゴリーにおいて、2種類のコンセプトモデルを発表。いずれのモデルもCB125Rをプラットフォームとしている。

ホンダ・CB125M

 シャープなラインと最小限のスケールで構成したボディにスーパーモタードのデザインを踏襲したネイキッドストリートモデル。

 シートは、コンパクトでリヤに高く跳ね上げた形状とし、超小型のLEDヘッドライトを採用するなど、未来的で躍動感にあふれたスタイリングを実現。

 水冷・4ストローク・単気筒エンジン搭載のCB125Rをベースとしている。

ホンダ・CB125X

 アドベンチャーイメージを強調。

 ボディーカラーをホワイトで統一し、深みのあるラインとソリッドな面で構成したデザインは、クリーンでありながらアグレッシブなイメージを醸し出す。

 前面のライトは3灯式。中央に1つ、両ナックルガードにそれぞれ1つずつ装備したユニークな外観が特徴。ベースモデルは、CB125R。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 【ホンダ】モタードのCB125MとアドベンチャーのCB125X! CB125R派生モデルがなんだか楽しそう