先日日本で発表されたばかりの新型ボルボV60に早くもオフロード仕様のV60クロスカントリーが追加された。日本導入が非常に楽しみなモデルである。

 つい先日、日本デビューを果たしたボルボのミドルサイズステーションワゴン「V60」。洗練されたデザインと積載性が魅力のモデルだが、スウェーデンのボルボ・カーズは9月25日に早くもV60のクロスカントリーモデルを追加発表した。

 V60クロスカントリーは専用サスペンションを特別に開発したことで、オフロード性能を高めたのが特徴だ。V60よりも車高は75mm高められており、ヒルディセントコントロールやコーナートラクションコントロール、特別オフロード走行モードが装備される。もちろん駆動方式は全グレードとも4WDだ。

インパネデザインはV60と同様。使い勝手に優れるSensus Connectインフォテイメントシステムを採用する。

 搭載されるパワートレインはガソリンエンジンのT5とディーゼルエンジンのD4となる。また、今後はマイルドハイブリッドやPHVモデルも追加される予定だ。早くも日本上陸が楽しみな1台である。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 悪路走破性とスタイリッシュさを両立させたボルボV60クロスカントリーが早くも登場