プジョー208として初のレザーシート装着車となる限定モデル、

「PEUGEOT 208 LEATHER EDITION」が発売された。

全国限定120万円で、価格は240万円だ。

意外なことにレザーシートを装着する208は、このレザーエディションが初めて。ブラックレザーの一部にホワイトのドットがあしらわれたデザインはさすがのセンスと唸らされる。反響次第では、カタログモデルへの昇格もありうる?

 プジョー208に初のレザーシートを装備した限定車「PEUGEOT 208 LEATHER EDITION」がを全国限定120台で発売された。べーすとなるのは最量販グレードであるアリュールで、エンジンは最高出力110psの直列3気筒1.2Lターボで、6速ATと組み合わされる。

 

 そのアリュールのスポーティなエクステリア、プジョー独自のインテリアコンセプト“i-Cockpit”、アクティブシティブレーキなどの安全装備はそのままに、高級感あるブラックレザーシート、フロントシートヒーター、フロアマット、16 インチツートーンアロイホイールを特別装備し内外装のクオリティをアップした限定車となる。



 これだけの装備を与えられながらもベースモデル比で僅か3 万円アップとは、なかなかお買い得な価格設定だ。ちなみにボディカラーはリオハ・レッド、ダーク・ブルー、サテン・ホワイト、ビアンカ・ホワイトの4色が用意される。

専用装備となる16インチのツートーンアロイホイール。レザーシートとあわせてわずか3万円アップとは、かなりお買い得なプライスだ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 プジョー208の限定車「レザーエディション」発売