メルセデスAMG GTの4ドア版がデビュー! でもその中身はEクラスをベースとした4ドアクーペということのようです。AMG E63の購入を考えている人には、悩ましい選択肢が増えてしまいました。

2018年のジュネーブ・モーターショーでワールドプレミアを果たしたメルセデスAMG GT 4ドアクーペ。名前から「あのAMG GTの4ドア版!?」と思ってしまいますが、実際のプロポーションはご覧の通り、ロングノーズ&ショートデッキのAMG GTとはちょっと違います。名前はAMG GTですが、実際はEクラスをベースにした5ドアクーペ、といったほうがピッタリでしょう。

メルセデスAMG GT63 4ドアクーペ

とはいえ、そのスタイルはかなり美しいもの。リヤへと向かって絞り込まれていくラインは非常に優雅で、美しさと実用性を高いレベルで実現しています。テールライトはAMG GTと共通のデザインで、リヤから見るとまるでスポーツカーのよう。後席は2名掛けか3名掛けを選ぶことが可能です。リヤはハッチ式のためラゲッジルームも使いやすく、容量は395L+フロア下に60L、さらにリヤシートを倒すと1324Lまで拡大するという実用性の高さも魅力です。

メルセデスAMG GT63 4ドアクーペ

もちろんAMGの名を冠するだけに、パフォーマンスは一級品。グレードは63Sと63、さらに53が用意されており、63Sと63にはAMGの手によるV8ツインターボが搭載されます。パワーは63Sが639ps(470kW)/5500-6500rpm、63が585ps(430kW)2350-5000rpm。そして直6ターボ+電動コンプレッサーの53が435ps(320kW)//6100rpmをマーク。駆動はすべてAWDの4マチックで、63Sにはドリフトモードも装備されています。そしてリヤホイールステアもV8モデルには標準装備、6気筒の53にもオプションで装着可能です。これは100km/h以下では後輪を前輪と逆位相に切って小回り性能をアップし、100km/h以上では後輪を前輪と同位相に切って高速での安定性を確保するというものです。

メルセデスAMG GT63 4ドアクーペ

AMGライドコントロール+、フロントには6ピストンの対向ブレーキキャリパー(V8モデル)、“コンフォート”、”スポーツ”、“スポーツ+”の3つのモードが用意されるAMGスポーツステアリングなど、AMGならではのスペシャル装備も満載。クーペの美しさと4ドアの実用性とAMGのハイパフォーマンスを併せて持つメルセデスAMG GT 4ドアクーペ。E63の購入を考えていた人には悩ましい選択肢が増えてしまったのではないでしょうか。

メルセデスAMG GT53 4ドアクーペ

情報提供元:MotorFan
記事名:「 AMG GT 4ドアクーペはAMG E63の5ドアハッチバック!? [ジュネーブ・モーターショー2018]