お気に入りのホイール選びに全39スタイルをチェック

新型RAV4リアルホイールマッチング PART3 ON STYLE #03/03

ドレスアップをするなら、まず手を付けたいホイール。アーバンにもオフ系にも振れるRAV4なら、似合うホイールもいっぱい。というわけで全39モデルを履き比べ。お気に入りのモデルを見つけよう!

装着車両はモデリスタ RAV4

新型 RAV4 ホイール マッチング インチアップ
メカニカルなグラフィックの切削面が、スピンモーションを描き出すことにより、スクリュー風のデザインを生み出しているウイングダンサーⅪ。SUVに求められている力強く、アグレッシブで先進的なスタイリングを表現し、足元から車両の持つ風格を引き立てる。
ホイール▶モデリスタ・ウイングダンサーⅪ(19×8.0)
タイヤ▶トーヨー・プロクセススポーツSUV(235/55-19)

Amistad/REIHEN C010 アミスタット/ライエン C010

表情豊かなフェイスデザイン

メインスポークとスパイラルスポークへ、異なる意匠を融合することによって、立体造形を基調とした、表情豊かな重厚感あるコンビフェイスを採用。このホイール最大の特徴となる、ディスク面に施されている美しい芸術的な波状模様は、ホイールに新たな概念や領域を打ち出している。

VERSUS/STRATAGIA Salvatore ベルサス/ストラテジーアサルヴァトーレ

2×5スポークベースのスポーティデザイン

力強く、スポーティな2×5スポークデザインが特徴のサルヴァトーレ。類を見ない、スポーク面への3面加工により見る角度によって、表情が変わる新しい演出方法を取り入れている。また、フェイスが浮き上がって見える革新のフローティングエッジやA.M.Tなどレイズ最新の技術力が満載。

HOMURA/2×9 ホムラ/ツーバイナイン

走りを予感させる9クロススポークデザイン

ホムラシリーズ随一の大口径モデルである2×9。ホムラらしい走りを予感させるシルエットを求め、9クロススポークデザインを採用。シャープさを究めたスポークはサイド部まで多面的に形成し、細身のスポーク形状としては異例の立体感を演出。上質なデザインはRAV4にもピッタリだ。

ROJAM Premium Wheels/ABBEY ロジャム プレミアムホイール/アビー

スポークの3D感が立体的で大迫力

力強く立ち上がり、5×2のスポーティなスポークデザインをもつアビー。内径に設けられた「インナーベゼル」が最大140mmの高低差を実現させている。直線や曲線をデザインの中で巧みに使い分け、精巧に具現化されたエレガントデザインが「スーパー3Dホイール」コンセプトを体現。

ROJAM Premium Wheels/FASTER ロジャム プレミアムホイール/ファスター

大口径感、奥行き感を共に高める

リムエンドを貫く特徴的なツインスポークと、直線的なボトムスポークのコンビネーションのファスター。美しく切削加工されたディスクフェイス、リム内径に設けたインナーリムが何層にもグラーデーションを織りなす。コンケイブ・リムオーバーの組み合わせが大口径感・奥行きを高める。

※タイヤ&ホイールの装着は、車両の個体差、足まわりのダウン量の違い、装着するタイヤサイズなどによって、紹介しているサイズ、インセットでも車体と干渉する可能性があります。実際に装着する場合は、十分にマッチング確認をとり、自己責任のうえで装着するようにして下さい。

スタイルワゴン2019年7月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「オフ系かインチアップか! 39種類のホイールを実装着してみたよ! 新型トヨタRAV4最速カスタム【PART3】