S2レーシングの軽トラパーツは「今までの既存品にはないものを」というのが開発テーマ。また、カスタム性よりもむしろ実用性を重視し、そこにユニークさや独自性を込めているという。今回新作として発表されたウイングボックスとトゥクトゥクルーフももちろんそう。例えばウイングボックスはコンテナ風の外観がとってもオシャレ。カラーリングやラッピング次第ではかわいくしたり、カッコよくしたり、どんなスタイルでも振ることができる。それはトゥクトゥクルーフでも同じこと。その上で、使いやすさまで徹底的にこだわっているのがそれぞれの特長だ。そのため移動販売車であれ、荷物運搬車であれ、見た目だけでなく日々の快適さまで含めて作り上げることができるのだ。さらに、乗っていて「ちょっとカッコいいでしょ」なんて楽しい気持ちになれるのも、S2レーシングパーツのポイント。バンパーガードやテールレンズガードなど、ちょっとしたアイテムで純正とは全く異なる印象に変化。オリジナルの2インチアップキットと組み合わせれば、スマートな上げスタイルにも仕上げることができる。S2レーシングの提案はあくまでベース。どう作るかはオーナー次第なのだ。

見た目だけでなく日々の快適さまで含めて作り上げる

トゥクトゥクルーフ

●価格:14万8000円(税別)
●適合車種:汎用

タイの三輪自動車トゥクトゥクを思わせる形状が特徴の荷台用ルーフ。製品版はさらに、天井に梁が入る予定だ。また、防水・防滴機能を追加する3面のビニールカバーも別売で設定の予定。ちなみに、最大のポイントはピラーの角度に合わせて上部をすぼませた支柱。一体感が増す上、オシャレ度もUP!!

機能性とガルウイングに徹底したこだわり

ガルウイングボックス

●価格:56万円(税別) ●適合車種:汎用
●オプション:ルーフスポイラー4万5000円(税別)

何よりも使いやすさを追求したウイングボックス。素材はFRPを採用し、立体的なリブ形状とすることで抜群の強度を実現。床まで造形した箱型になっているため、完全防水という点も嬉しい機能。また、こだわりのガルウイングが上方に大きく跳ね上がり大開口を確保。荷物の積みやすさ・降ろしやすさともに、抜群の完成度。


ボックスの後方扉は観音開きを採用。床から天井付近までガバッと大きく開くため、中が見やすく使いやすいのが特徴だ。

後方と両側面にドアがあるため、乗り込まなくても荷台の全てに手がとどく。また、ガルウイングは開けて置くだけでも目立つ!!

ウイングボックスと車体との連続性をアップさせ一体感を向上させるオシャレアイテムのルーフスポイラーも用意している。

ボックス内部には非常に広々とした空間が広がっている。幅・奥行き・高さ全てにおいて十分満足しうるサイズと言って良いだろう。

他にもまだまだアリ注目の軽トラパーツ

バンパーガード

●価格:5万8000円(税別)
●対応車種: 500ハイゼット、16キャリイ
装着するだけでフェイスのスタイルアップを図れるバンパーガード。フォグステーもついている。

テールガードランプ

●価格:1万8000円(税別)
●対応車種: 500ハイゼット、16キャリイ
テールレンズに被せて装着する新作パーツ。見た目がカッコよくなるだけでなく、破損を防いでくれるのもグッド。


荷台を利用したパイピングの制作は、同じ軽トラとは思えないようなインパクトあり。

S2レーシング

パーツの販売だけでなく、取り付けや塗装、さらにはフレーム修正までも行うS2レーシング。クルマに関することなら何でも相談できるので、軽トラ製作の際には是非とも電話をしてみよう。
☎ 045-951-7805 http://www.s2-racing.net
●住所:神奈川県横浜市旭区今宿西町397-15
●営業時間:10:00〜18:00


(Vol.23 Kトラパーツブック 2019)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「トゥクトゥク? なるほど! 実用性抜群でユニークだから付けていて楽しい! ウイングボックス&トゥクトゥクルーフ|S2レーシング|ダイハツ500ハイゼット&スズキ16キャリイ