Jeunesse

GRAND BLADE

その時代、時代に最適化されたアイテムでシーンを盛り上げているシルクブレイズ。十八番のボディキットをはじめ、スタイルの核となるホイールももちろん展開中だ。ハイエース用に向けては、ジュネスシリーズを早くから展開しており、この「グランブレード」はシリーズ4作目となるモデルだ。共通するのは切れんばかりに研ぎ澄まされた鋭いスポーク。グランブレードではメインとなる6スポークがセンターまわりに突き刺さるようなレイアウトを採用。そのスポーク間には対となる2本のサブスポークを配し、繊細さと上品な雰囲気を盛り上げるデザインギミックだ。また、ハイエースホイールで人気の深リムもある。鋭い6スポークはリムフランジでは、安定感のある二股へと変化。ポリッシュにより強調することで、ディープ感を強くアピールしている。サイズは履きやすく、合わせやすい16、
17インチに加えて、迫力の18インチも用意。ジュネスの系譜を受け継ぎながら、時代に沿ったフォルムに仕上げる。この手腕がハイエース乗りを惹き付けて止まない。

SIZE H-PCD PRICE
16×6.5J 6-139.7 3 万2000円
17×6.5J 6-139.7 3 万7000円
18×7.5J 6-139.7 4 万2000円

COLOR グロスブラックダイヤモンドカット
CONSTRUCTION 鋳造1ピース

鍛えられたDESIGN WORK

シンプルからアグレッシブまで。ボディキットを見ても分かるように、数多のデザインを手がけてきたシルクブレイズ。このデザインワークはホイールにも注入され、時代に沿ったカタチを具現化した。

まるで刃のように鋭いツインの6スポーク。さらに、それを支えるようにツインスポークをレイアウト。鋭さと安定感、そしてシリーズに受け継がれるディープリムにより足元にチカラを与えるデザインだ。デザインを最大限に強調するように、キラリ輝くポリッシュとグロスブラックで仕上げたフィニッシュも大きなポイント。

細く鋭くジュネスの系譜

東京オートサロン2018で発表された今作。既発のジュネスシリーズから受け継がれるような、細くシャープなスポークが魅力でありアイデンティティ。その最新の解釈がこのデザインなのだ。

スタイルRV Vol.130 トヨタ・ハイエース No.26 2018年4月

情報提供元:ドレナビ
記事名:「#200の足元トレンドを切り拓く2×6本の刃|SILK BLAZE|トヨタ・200系ハイエース