電動パーキングブレーキでもビッグキャリパー化

Biot リア Brembo 4Pot Modena キャリパーキット355φ ツインキャリパー仕様

最近のミニバンやステーションワゴンなどは、スイッチひとつでブレーキ操作が完了する電動パーキングブレーキが主流。長く停止しているとオートでブレーキを引いてくれる車種もあって、便利だし、手放したくない装備のひとつとなっている。

しかし、カスタマイズをする上で、この電動パーキングブレーキがあるがゆえに悩ましい側面も。それはビッグキャリパーを前後に装備したい時、リアに電動パーキングブレーキに対応するキャリパーを導入するというのが難しい場合があるというコト。モータースポーツやハイパフォーマンスカーに採用されている実力と、そのルックスで人気のブランドであるブレンボなどもそう。フロントにビッグキャリパー&ローターをセットしても、電動パーキングブレーキに対応していないため、リアにその制動力とバランスさせるようなキャリパーを入れることができなかった。

そんな悩みに応え、Biot(ビオ)からツインキャリパーキット355φが生まれた。

ダブルでキャリパーを装着!

コレは、リアにビッグキャリパーと純正キャリパーの2つをセットし、パーキングブレーキ用に純正キャリパーを使用するというもの。フットブレーキでは新設するビッグキャリパーを使い、スイッチ動作のパーキングブレーキはブラケットで移設された純正キャリパーが受け持つということになる。

追加となるリアキャリパーは、ブレンボの対向4ポットキャリパー。
さらに、ローター径もφ355mmと大きなものを使用する。

特徴は、競技用のものなどを使用し、ブレーキライン中にラインロックなど機構を追加してのブレーキと異なり、純正の電動機能を使用したサイドブレーキを持ったキャリパーキットであること。ドレスアップの側面があるとはいえ、ビッグキャリパー化の恩恵を預かるには前後ブレーキのバランスが大切。そこでBiotは、フロント側だけを闇雲にビッグキャリパー化、ビッグローター化しても、前後のバランスが崩れてしまうため、開発に着手したという。

Biotは国内にある自社工場でブレーキローター等のパーツを製作しており、その精度の高さにも定評がある。また、付属するブレーキラインなども固定方法等を純正と同じものとし、車検対応としている。

30アルヴェル後期用のパーツ開発も進んでおり、その動向は見逃せない。

リア Brembo 4Pot Modena キャリパーキット355φ ツインキャリパー仕様


■価格:52万円
■適合:30前期 アルファード/ヴェルファイア(車検対応品)
■キャリパー:4Pot brembo
■ピストンサイズ: 42φ×2 38φ×2
■ブレーキパッド:Type envie(ノンアスタイプ)
■キャリパーサポート:アルミ製/スチール製(サイドブレーキ用)
■ローター: 355φ T=25 FC-R鋳鉄
■ベルハウジング: アルミ製
■ブレーキライン: 専用品付属
オプション:ベルハウジングカラーは、各色共にオプション価格で選択可能。ブレーキパッドをType effet(カーボンメタル)に変更すると+1万円
※キャリパーカラーはスタンダードは黒 ベルハウジングカラーはスタンダードはパープル 画像はオプションドリルドVer2仕様

(ドレナビ)

情報提供元:ドレナビ
記事名:「キャリパー2丁がけ!? 電動パーキンブレーキ付きでもビッグキャリパーに交換できる。30アルヴェルに朗報! ツインキャリパーキットBiotから