見た目も機能も快適性も全進化
ベストセラーハッチは第4世代へ

HONDA/FIT
ホンダ/フィット 型式 NA=GR1/2/5/7 HYBRID=GR3/4/6/8

ホンダ フィット 新型 新車 レポート
「1㎜でも室内を広く、0・1㎞/Lでも低燃費に」というモデルチェンジを繰り返してきたフィットだが、4代目はそうした数値偏重から脱却。

「どうせBセグメント車だから」とユーザーが諦めていた潜在ニーズを掘り起こし、「癒やし」と「心地よさ」を追求する方向に転換を図った。

例を挙げれば、まず視界。Aピラーを細くして死角を減らし、インパネ上面を平らにして前方視界を拡大。サイドウインドウのラインも前傾を弱め、バックするときに周囲を見やすくするなど、「ちゃんと見える安心感」を追求している。

小物入れの配置は、これまでの「空いているスペースをどう使うか」という考え方から「ユーザーは何をどこに置きたいのか」という視点に転換。小振りのトートバッグなど“中もの”荷物の置き場所を前席シート間に確保している。

そして座り心地。前席には上級車に採用される樹脂マット式の支持構造を導入。クッションは前後席とも厚くして、生地も肌触りの良いものを選んでいる。

パワートレーンは1・3Lと1・5Lのガソリンエンジンに加え、1・5Lエンジンのハイブリッドシステムも用意。ハイブリッドはエンジン主体で走るi‐DCDシステムから、新たに2モーターのe:HEVに刷新。基本をモーター駆動とすることで、滑らかでストレスのない加速感を実現している。

外観デザインの隠しテーマは“柴犬”だそうで、目元の優しくなった新型フィットは、確かに癒し感満点だ。

「新型フィットは低燃費だけじゃなく「癒やし」と「心地よさ」を追求? それってどういうこと?【新型車レポート】」の1枚めの画像ピラーを補足し角度も調整することで、解放的かつ高い視認性を確保したコックピット。ラウンド感を意識させるフェミニンな仕様へと生まれ変わった。

「新型フィットは低燃費だけじゃなく「癒やし」と「心地よさ」を追求? それってどういうこと?【新型車レポート】」の1枚めの画像e:HEV HOME

スタイルワゴン2020年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「新型フィットは低燃費だけじゃなく「癒やし」と「心地よさ」を追求? それってどういうこと?【新型車レポート】