全国自動車標板協議会のブースで訊いた

ナンバーが20-46ばかりのワケ

西3ホール

東京モーターショー2019の会場、西3ホールに、壁いっぱいにご当地ナンバーが貼ってあるブースがあります。
そのブースは一般社団法人 全国自動車標板協議会のブースです。

今回掲示されているのは、58地域のナンバープレート。
しかし、よく見てみると、どれも2046という番号です。

その理由をブーススタッフのかたにうかがってみると「国土交通省令・道路運送車両法施行規則でも、この番号が使われています」とのこと。

なんでも、可読性のチェックなどのために、ナンバーに使う数字フォントの特徴がもれなく入っている数字として、この2、0、4、6という数字が選ばれているそうです。

1の縦棒は4の中に、3の丸いカーブは2と6の中に……といった具合だそう。

「7の要素はどうなんだろう」とおもうところもありますが、4つの数字の中に組み込もうとすると、ベストということかもしれませんね。

一般社団法人 全国自動車標板協議会
http://www.n-p.or.jp/

ブースの位置もわかります!



スタイルワゴン ドレスアップナビ
東京モーターショー2019記事
まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_古川教夫]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「サンプルナンバーが20-46ばっかりなんだけど……【東京モーターショー2019】そのワケは?|全国自動車標板協議会