遊火人の小窓付きロケットストーブ
炎を眺めてアウトドアを楽しむ

キャンプに必須のアイテムといえば焚き火台。でも風が強く吹いているときには使えないこともある。そんなときにオススメしたいアイテムは、遊火人(あそびと)がプロデュースするロケットストーブだ。現在は「こばこ」のみの販売となっているが、より大型の「焚火箱」の開発に向けてクラウドファンディングを実施中なので、商品をぜひ開発して欲しいと思ったらサポーターになってみては。

テーブル暖炉「こばこ」

煙突付きロケットストーブの「こばこ」はサイクロン燃焼の採用により、上部から薪をくべることを可能としている。煙が少なく良く燃えるので、直火クッキングもできるという2役をこなす優れモノだ。ボディサイズは248×235×338mmで、付属の小型コンテナに収納して持ち運びができるのも超便利。

【SPECIFICATION】(税込)
テーブル暖炉「こばこ」 4万5000円

薪ストーブ「焚火箱」

ガラス窓付きボディに焚き火缶キットを組み込んだ野外ストーブ。収納できる煙突2本と五徳も付属される。ビザ窯セット、硝子ガードなどのオプション4点がセットになったフルオプション仕様も用意。どちらもコンテナに収納でき、持ち運びが可能だ。

「焚火箱」のクラウドファンディング実施中
https://kibidango.com/1084

【SPECIFICATION】(税込)
薪ストーブ「焚火箱」 3万8000円〜

問:遊火人キンタ 090-3529-5489
http://liftoff-stove.com

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「遊火人が提案する直火クッキングも楽しめるロケットストーブ! キャンプで大活躍すること間違いなし【カートラジャパン2019イベントレポート】