車を買い替えたり乗り換えたりする場合、カーディーラーで下取りしてもらうことや中古車買い取り専門業者に買い取ってもらうことがあるでしょう。オーナーのなかには下取りしたあとの車や買い取ってもらった車がその後どこにいっているのか知らないという方が多いことでしょう。今回は下取りされた車や中古車買い取り専門業者が手に入れた車をどのようにしているのかを詳しく解説していきます。

下取り車や買取車はオークションへ出品される

車を買い替える場合や乗り換える場合、現在乗っている車を下取りしてもらったり買い取ってもらって次の車の頭金として充てることが多くあるかと思います。つまり現役で動きまだまだ乗り続けることができる車を手放し新しい車へ移行するということになります。ではカーディーラーや中古車買い取り業者はまだ動く車をどのようにしているのでしょうか。その答えはほとんどがオークションへ出品し競りにかけ落札してもらい次のオーナーへと引き継いでいるのです。ではここからは車のオークションがどのような仕組みになっているのか説明していきます。

<業者の車オークションの仕組み>

1.下取りした車や買い取りをした車はオートオークションに出品します。
2.出品された車が競りにかけられます。
3.車を仕入れたい業者が落札します。

この3つのプロセスが車オークションの仕組みです。いたってシンプルで難しくない仕組みなのですがオークション会場は日本全国いたるところに存在しており1日で競りにかけられる台数は数多くあります。

<個人は車のオークションに参加できるのか?>

これらオークションは中古販売を行う業者を対象とした会員制となっており個人が業者向けオークションに参加することは基本的にできません。現在ではインターネットを通じて会場に足を運ばなくてもオークションに参加することができます。インターネットを通じてオークションに参加する場合であっても会員でなければ参加できません。会員になるためには古物商許可証を受けてから1年以上経過していること、常設の展示場と事務所を保有し営業活動をしていることなど細かな規定が設けられており規定条件をクリアしなければオークションの会員になることができません。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「車のオークションはどんな仕組み?中古車の流通は実はかなりシンプルだった