2月後半に15度前後の日が続いたのが嘘だったかのように、ドイツの首都ベルリンは冬に逆戻り。連日10度も超えない日々が続いています。天候自体もなかなか晴天に恵まれず、曇りがちな空の時々雨がパラパラ…というのが最近の傾向。春は目前に迫っているはずなのに、なかなか一気に暖かくならないところが、さすがは北ドイツといったところでしょうか。

ところがそんなある日、突然午後からカラッと晴れた日がありました。気分良く散歩していると、ドイツでも珍しい、かつ年々数を減らしているクルマに遭遇。日本へは並行輸入でわずかな数しか渡っていない希少車、ランチア・リブラをご紹介します。

愛嬌のある丸目2灯のフロントマスク

まず目を引くのは、丸目2灯の愛嬌のあるフロントマスクでしょう。かつてのローバー75やW210やW211の頃のメルセデス・ベンツ・Eクラスを思わせる、丸目フェイスにプレーンな造形のリアエンドは、2000年代初頭に流行したモチーフの一つです。

ランチア・リブラの基本デザインを手がけたのは、ピニンファリーナ在籍時からランチア・テーマなどのデザインに関わり、ピニンファリーナ退社後はランチアのデザインセンター(チェントロスティーレ)を立ち上げ、初代イプシロンのデザインをまとめ上げたエンリコ・フミアでした。リブラは当初、初代イプシロンと共通のデザインコンセプトのデザインをまとっていて、とくにフロントマスクやリアビューは、同じブランドとしてのアイデンティティを感じるものでしたが、リブラの完成前にエンリコ・フミアは突如、退社してしまいます。

一説によると、エンリコ・フミアはランチア首脳部とデザインについての折り合いが悪く、意見が対立しがちだったと言われています。結局、エンリコ・フミアの後を継いだ後任のマイケル・ロビンソンがフロントマスクを中心にデザインを変更、発表にこぎつけています。

ランチアでは珍しい、丸みのあるデザイン

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「日本のみならず、ドイツでも希少なランチア・リブラ。そのステーションワゴン・タイプにベルリンで遭遇!