簡単に、しかも美味しく、お家時間を楽しいものにしませんか。前回に引き続き、「ホットケーキミックス」を利用したレシピをさらにご紹介します。今回は、少し大人向けのレシピもあります。お酒のお供になったり、ディナーの際の一品に。覚えてしまえば簡単なのに、「料理上手」に思われてしまうようなレシピ。ぜひ、作ってみてくださいね。
<前回のレシピはこちらから>

でき上がる前の、あの、なんとも言えない甘い香り。ついつい笑顔になること間違いなし

でき上がる前の、あの、なんとも言えない甘い香り。ついつい笑顔になること間違いなし


ホットケーキミックス活用レシピ 3. ケーク・サレ

「ケーク・サレ」、ご存知でしょうか。まだ日本では馴染みがあまりないかもしれませんが、じわじわと人気が出てきています。フランスの料理で『塩味のケーキ』という意味です。ケーキといってもお食事寄りで、フランスでは、各家庭の冷蔵庫にある「あり合わせの材料」で作るのが普通。ですから家庭によって、季節によって、様々な味がある自由な料理。アレンジ無限大です。おすすめの組み合わせもご紹介します。基本を一度覚えたら、ぜひフランスのお袋さん気分で、冷蔵庫にある材料でのあり合せにも挑戦してみてくださいね。
☆基本のケーク・サレ(玉ねぎ&ベーコン)
<材料>パウンド型1台分
*ホットケーキミックス 200g
*卵 1個
*牛乳 100cc
*マヨネーズ 大さじ2
*塩 ひとつまみ
*コショウ 少々
玉ねぎ 1/2個
薄切ベーコン 5枚
パプリカ 1/2個
ほうれん草 1株
オリーブオイル 大さじ1
とろけるチーズ 1枚
お好みのハーブソルト 適量
<作り方>
1. オーブンは180℃で予熱をする。パウンド型にクッキングシートを合わせて敷いておきます。
2. 玉ねぎは薄くスライスして1割ほどを飾り用に取り分けておきます。パブリカは5mm程度のさいの目切りにします。ベーコンも1cm程度の幅で切ります。
3. ほうれん草はさっと茹でて、しっかりと水を切り、3cm程度の長さに切ります。
4. フライパンにオリーブオイルを引いて、玉ねぎとベーコンを炒めます。
5. 玉ねぎが透き通ってきたら、ほうれん草とパプリカを加えて、ハーブソルトで下味をつけます。全体が混ざったら、火を止めます。
6. ボールに*を全て入れて、粉っぽさがなくなるように混ぜます。
7. 5を加えてさっくりと混ぜ合わせます。
8. パウンド型に流し込み、軽く持ち上げてまっすぐ下に落とし、空気を抜きます。
9. 表面にチーズをちぎって乗せて、飾り用の玉ねぎを散らします。
10. オーブンで、180℃で40分ほど焼きます。
11. 途中で焦げそうならばアルミホイルをかぶせてください。
12. 粗熱が取れたら、切り分けてお召し上がりください♪
*は、ケーク・サレのタネ部分になります。ここにお好みの材料を加えてアレンジしてくださいね。
☆おすすめのアレンジ
《パルメザンチーズとくるみ》
パルメザンチーズ(すりおろしたもの)50g、パルメザンチーズ(砕いたもの)35g、くるみ 35g、黒胡椒 少々
《パルメザンチーズとズッキーニ》
パルメザンチーズ(すりおろしたもの)70g、ズッキーニ(スライスして軽く塩を振って、水気を絞る)1本、バジル(みじん切り)2、3枚、ミント(みじん切り)2、3枚
《生ハムとセージ》
生ハム 80g、セージ(生・みじん切り) 3枚
《サラダチキンとカレー》
サラダチキン 100g、カレーペースト 小さじ1
《粒マスタードとケッパー》
粒マスタード 大さじ1、ケッパー 小さじ2


ホットケーキミックス活用レシピ 4. ファーブルトン

こちらもフランスからの料理です。ファーブルトンは『ブルターニュ風ミルク粥』という意味があり、朝ごはんにおすすめの甘いお菓子です。筆者の家でこれを作ると、甘い匂いに誘われて、取り分け皿とフォークを持って、いつの間にか食卓に全員集合しています(笑)。本来は冷めてから食べますが、温かいうちに食べても大丈夫。食感の違いも楽しんでみてください。
☆りんごのファーブルトン
<材料>
りんご 1個
プルーン(なければレーズン、なくても可)40g
ホットケーキミックス 100g
牛乳 200ml
卵 2個
砂糖 大さじ2
塩 ひとつまみ
バター 10g
<作り方>
1. りんごは皮をむいて、くし切りにします。プルーンは少量の水で煮て、戻しておきます。
2. ホットケーキミックスはザルなどでふるっておきます。
3. オーブンは180℃で予熱しておきます。
4. フライパンにバターを入れて、りんごをソテーします。半透明になればOKです。
5. 2に牛乳、卵、砂糖、塩を加えて泡立て器で混ぜます。
6. グラタン皿などの耐熱皿にりんごを並べて、プルーンを散らし、5を流し入れます。
7. 180℃のオーブンで50分ほど焼いたら、出来上がりです。

上手に焼くと「モチっと」、「ぷるん」とした仕上がりに ※写真はイメージです

上手に焼くと「モチっと」、「ぷるん」とした仕上がりに ※写真はイメージです


ホットケーキミックス活用レシピ 5. ガトー・ショコラ

こんなに簡単で大丈夫?と思ってしまうくらいなのに、出来上がりはとても美味しいので、とおすすめです。オーブンではなく、レンジ使用なので、思い立ったらすぐ作って食べることができるのも嬉しいポイント。濃厚な味で、満足感も大きいですよ。
☆レンジですぐ!のガトー・ショコラ
<材料>700ml程度の角型ガラス耐熱皿1つ分
板チョコ 100g
無塩バター 30g
卵 1個
サラダ油 大さじ1
ホットケーキミックス 大さじ3
粉砂糖(飾り用) 適量
<作り方>
1. 耐熱ボールに板チョコを細かく割り入れ、バターを加えて、ラップをせずに1分加熱。泡立て器で混ぜながら溶かします。
2. 卵、サラダ油を順に加えて、都度、よく混ぜ合わせます。
3. ホットケーキミックスを加えたら、ゴムべらに変えて、さっくりと混ぜ合わせます。
4. 耐熱容器に合わせてオーブンシートを敷いて、生地を流し込みます。容器を少し持ち上げて、型を垂直に軽く落として、空気を抜きます。
5. ラップをせずに、レンジで2分30秒加熱します。少し湿っぽいくらいが冷めた時にしっとり仕上がってちょうど良いです。加熱しすぎると固くなってしまうので、注意しましょう。
6. 粗熱が取れたら型から外して、粉砂糖を振ったら出来上がりです。食べやすい大きさに切り分けて、お召し上がりください。
※レンジは600Wを基準にしています。

参考
Paris発、ミニケーキでおつまみ&おやつ イロナ・ショヴァンコヴァ/世界文化社
syunkon カフェごはん 山本ゆり/宝島社
クックパッド

美味しいもので、元気に、ハッピーになりましょう

美味しいもので、元気に、ハッピーになりましょう