大型で非常に強い台風10号の北上に伴って、九州のほぼ全域が風速25メール以上の暴風域に入っています。台風が接近している長崎県では、長崎市野母崎で午前2時前に最大瞬間風速59.4メートルの猛烈な風が吹きました。

●長崎市野母崎で最大瞬間風速59.4メートル

大型で非常に強い台風10号は、7日1時現在、長崎県五島市の南南東約70キロを1時間に35キロの速さで北北西に進んでいます。中心の気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45メートルで、九州のほぼ全域が風速25メートル以上の暴風域に入っています。台風10号の影響で九州の各地では暴風が吹き荒れ、7日1時45分には長崎市野母崎で最大瞬間風速59.4メートル(南東)の猛烈な風を観測しました。九州では朝にかけて猛烈な風が風が吹く所があるでしょう。また、海上ではうねりを伴った高波や高潮に最大級の警戒をしてください。

●猛烈な風とは?

猛烈な風とは平均風速で30メートル以上、おおよその瞬間風速で40メートルを超えるような風を指します。時速にするとおよそ110キロ以上で、特急電車並みの速さに相当します。このような猛烈な風が吹き荒れると走行中のトラックが横転したり、多くの樹木が倒れたりする恐れがあります。また、風で飛ばされてたものが衝突する可能性があるため屋外での行動は極めて危険です。室内でも飛来物などで窓ガラスが割れたりする恐れもありますので、窓からなるべく離れて、ガラスの破片などが直接飛んでこない所で身を守るなど心がけてください。