29日(金)朝は、九州の山沿いで氷点下の冷え込みとなり、8日ぶりの冬日になりました。あす30日(土)の朝も冷え込みが強いですが、今週末は次第に気温が上がり過ごしやすくなる見込みです。この先も気温の変化が大きいでしょう。

●29日朝の最低気温 山は氷点下

28日(木)から次第に寒気が流れ込み、29日(金)朝は各地で冷え込みが強まりました。最低気温は、熊本県阿蘇市乙姫-1.7度、大分県玖珠町-0.8度、熊本県南小国町と大分県由布市湯布院-0.7度など、九州の山沿いは氷点下の寒い朝になりました。このところ朝の冷え込みは幾分和らいでおり、九州は8日ぶりの冬日です。
今夜から30日(土)朝は晴れて、放射冷却現象が強まるため、今朝と同じか今朝より冷え込み、山沿いは氷点下の所が多くなる見込みです。農作物の管理に注意が必要です。

●雨のあと、季節進む 来週中頃は年末年始の寒さ

30日(土)は移動性高気圧に覆われて、九州は各地ともおだやかに晴れて、行楽日和になるでしょう。日中は日差しが増えて、寒さが和らいでくる見込みです。12月1日(日)は、高気圧が東へ離れ、夜は前線を伴った低気圧が近づくため天気はゆっくりと下り坂に向かいます。九州の早い所では、夕方頃から雨が降りだすでしょう。ただ、南よりの風が吹きやすくなり、気温は平年より高くなる見込みです。
2日(月)も前線や低気圧の影響で初め雨が降り、この雨の後、次第に冬型の気圧配置に変わり、新たな寒気が流れ込む見込みです。来週中頃はぐっと気温が下がり、年末年始頃の寒さになります。
この先も気温の変化が大きいですので、体調管理に気をつけてお過ごし下さい。