この冬(12~2月)、冬将軍の足並みはゆっくり。寒気の南下が弱く全国的に気温は平年並みか高めと予想されています。1月頃までは、気温が高めの傾向が続くでしょう。

●この冬(12~2月)の主な傾向

25日(月)に気象庁が発表した3か月予報によりますと、12~2月にかけての日本付近の大気の状態は、以下のように予想されています。
・地球温暖化などの影響により、地球全体で大気の温度が高い。
・日本付近の上空を流れる偏西風が、平年より北を流れるため、全国的に寒気の南下が弱い。
・冬季に発達するアリューシャン低気圧の影響が弱いと予想され、冬型の気圧配置は長続きしない。
このように、日本付近は、全国的に「寒い」条件があまり揃わない見込みです。また、北海道から北陸地方にかけての日本海側の降水量と、北海道から中国地方にかけての日本海側の降雪量も、平年並みか少なくなりそうです。
それでは、各月の傾向を見ていきましょう。

●12月 暖かさ続くが太平洋側はすっきりしない天気

2019年は、全国的に暖かな秋となっていますが、寒気の南下が弱く、この暖かさは12月も続きそうです。
このため、12月の平均気温は、関東甲信・北陸地方から沖縄・奄美地方にかけて平年よりも高くなる見込みです。北海道と東北も平年並みか高いでしょう。
ただ、北海道から九州の太平洋側では、気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすく、平年の12月と比べてすっきりしない天気の日が多くなるでしょう。降水量も平年並みか多い見込みです。
沖縄や奄美も、この時季らしく、曇りや雨の日が多いでしょう。
冬になると曇りや雨または雪の日が多くなる日本海側ですが、北海道から北陸にかけては、寒気の影響が弱いため、曇りや雪(または雨)の日が少なくなりそうです。

●1月 寒気の南下弱く、暖かさまだ続く

年が明けても、寒気の南下が弱い状態は続く見込みです。全国的に平年並みか、平年よりも気温が高くなるでしょう。
北海道から九州の太平洋側では、この時季らしく「冬晴れ」となる日も多いと予想されています。
日本海側では、寒気の影響を受けにくいエリアがさらに広がり、北海道から九州の日本海側で曇りや雪(または雨)の日が少なくなりそうです。
沖縄や奄美は、引き続き曇りや雨の日が多いでしょう。

●2月 気温も天気も平年並みに

2月になると、ようやく冬将軍もいつも通りの足取りに。全国的に気温は平年並みの寒さとなるところが多くなるでしょう。
各地ともこの時季らしい天気にになるところが多く、北海道から九州の日本海側では、曇りや雪(または雨)の日が多くなりそうです。沖縄や奄美も、曇りや雨の日が多い見込みです。北海道から九州にかけての太平洋側では、引き続き晴れる日が多くなりそうです。