この先も日差しの届く日が多く、西・東日本では春の陽気が続きそう。北日本は気温変化が大きく、沖縄より暑くなる日も。なお、金曜日は北日本中心に荒れるおそれがあるため、今後の気象情報に注意が必要です。

●あすの天気 南ほど雲多い 札幌は那覇より暑く

あす17日(水)は高気圧の中心が東に移り、日本の南を低気圧が通過する予想です。あすも広い範囲で日差しが届きますが、高気圧の縁を回る湿った空気や低気圧の影響で南ほど雲が広がりやすい見込みです。また、午前中を中心に九州で雨の所があるほか、夜は東海を中心に所々で雨雲がかかるでしょう。気温は、朝は北日本を中心に霜が降りるほど冷え込む所がありますが、日中は広い範囲で20度を超え、夏日一歩手前の気温となる所がありそうです。札幌の予想最高気温は24度と、日差しと南風によるフェーン現象の影響で、那覇の23度や東京の22度の予想よりも高くなる見込みです。

●あさって以降の天気 金曜日は北日本中心に荒れるおそれ

あさって18日(木)も広い範囲で日差しがありますが、19日(金)は北海道付近を前線を伴った低気圧が東へ進む予想です。このため、北日本では荒れた天気となるおそれがあります。また、低気圧からのびる前線が本州付近を通過するため、東日本から西日本で晴れマークが付いている所でも、前線通過のタイミングでにわか雨の可能性があります。今後も最新の気象情報をご確認下さい。

●あさって以降の気温 西・東は春の陽気

九州から関東にかけては、あさって以降も春本番の陽気が続く予想です。25度以上の夏日となる所もある見込みで、昼間は汗ばむ陽気となる所があるでしょう。ただ、朝晩はまだヒンヤリとする日が多く、一日の寒暖差が大きくなります。服装で上手く調節して、体調を崩さないようお気を付け下さい。一方、東北や北海道は日ごとの気温変化も大きくなりそうです。特に北海道では夏と春の同居で、一週間のうちに日中の気温が10度以上変化する所もあるでしょう。

●花粉はまだ飛ぶ?

九州の花粉はほぼ終息し、そのほかの地域でも花粉のピークは過ぎつつありますが、まだ油断はできません。この先も「非常に多い」や「多い」の予想の所があり、花粉症の方はマスクなどの対策が必要となりそうです。