関東地方は、16日から夏のような不快な蒸し暑さが戻ります。17日にかけては晴れ間が出ると気温が30度を超える所も出てきそう。また急な雨にもお気をつけください。

●前線北上 蒸し暑くなる

ここ数日は秋雨前線が西日本に停滞し、関東地方は前線の北側の、比較的涼しい空気に包まれていました。きょう15日(土)も最高気温は25度以下の所が多く、半袖一枚では涼しいくらいでした。あす16日(日)は前線がやや北上して、北陸から東北南部に延びるでしょう。このため関東地方は前線の南側の、蒸し暑い空気に包まれそうです。

●夏、戻る 30度以上も

あすは、雲が広がりやすいものの、日中は南部を中心に日差しが届くでしょう。北風は次第に南風に変わり、きょうより3度から5度くらい暖かい空気が流れ込んできます。このため最高気温はきょうより高くなり、30度近くまで上がるでしょう。湿気がたっぷりで、不快な蒸し暑さが戻ってきそうです。

●三連休最終日も蒸し暑さ続く

17日(月・敬老の日)は、朝から気温が高めでしょう。朝の最低気温は22度くらいと、窓を閉め切っているとムシムシしそうです。日中は内陸部を中心に30度くらいまで上がるでしょう。比較的しのぎやすい日が続いていただけに、日なたでは体にこたえる暑さとなりそうです。屋外のレジャーやスポーツを楽しむ際は、定期的に休憩をとり、こまめな水分補給を心がけてください。

●にわか雨の所も

なお、16日(日)は朝晩を中心に雨の降る所があるでしょう。17日(月・敬老の日)は大気の状態が不安定になり、あちらこちらでにわか雨がありそうです。晴れ間が出ていても急な雨にお気をつけください。最新の予報を確認し、お出かけ先ではtenki.jpの雨雲の動きや豪雨レーダーをこまめにチェックするとよいでしょう。