15日からの3連休は、北と南は晴れますが、台風22号の影響で、沖縄は先島諸島を中心に大シケとなる恐れがあります。一方、本州付近はぐずついた天気でしょう。最高気温は徐々に高くなり、16日と17日は、全国のアメダスのおよそ4分の1の地点で、真夏日の予想です。9月も後半ですが、まだ、暑さが体にこたえそうです。

●3連休 天気を詳しく

15日から3連休で、お出かけの方も大勢いらっしゃるかと思います。この3連休は、北海道や沖縄は、大体晴れるでしょう。ただ、14日9時現在「大型で猛烈な」台風22号の影響で、沖縄は3連休前の14日から、波が高くなりそうです。15日は、沖縄の先島諸島では、大シケの恐れがありますので、うねりを伴った高波に、警戒が必要です。
一方、本州付近は、15日も、午前中を中心に雨が降るでしょう。16日と17日は、雨の降る所は少なくなりますが、関東から西では、暑さに注意が必要です。16日と17日は全国のアメダスのおよそ4分の1の地点で真夏日が予想されています。いったん涼しくなった後だけに、暑さが体にこたえそうです。9月も後半になり、「そろそろ衣替えを…」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。ただ、関東から西では、衣替えはまだ先になりそうです。しばらくは、日中は半袖の出番もあるでしょう。朝晩と日中との「気温の差」が大きくなりますので、お出かけの際は重ね着で調節するなど、服装選びにご注意下さい。

●連休明け 雨は?暑さは?

火曜日以降、天気を左右するポイントは「秋雨前線」です。火曜日は、本州付近では前線の活動がいったん弱まりますが、水曜日は、また西から秋雨前線がかかってきそうです。本州付近は、水曜日以降ぐずついた天気の所が多いでしょう。前線の位置次第で雨の降り方が変わりますので、最新の予報をチェックして下さい。
暑さは、火曜日以降、関東甲信ではおさまりますが、九州を中心に続くでしょう。13日に発表された「1か月予報」では、九州北部や九州南部では、21日頃まで平均気温が高くなりそうです。「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、秋のお彼岸を前に、まだ暑さで体調を崩さないよう、お気を付け下さい。