東北地方では、急速に発達する低気圧や前線の影響で、14日土曜日、15日日曜日は荒れた天気になるおそれがあります。最新の気象情報はこまめに確認し、お出かけを予定されている方は交通情報も確認しましょう。

●14日土曜日 天気 急速に下り坂

高気圧の中心が東海上に離れるでしょう。低気圧が急速に発達しながら日本海を北東に進み、北日本に近づいてくる予想です。東北地方では天気が下り坂で、午後は雨の降るところが多くなるでしょう。夜には、日本海側や、太平洋側の南向きの斜面で雨脚が強まりそうです。また、次第に南よりの風が強まり、太平洋側南部の沿岸を中心に暴風のおそれがあります。お帰りが遅くなる方は、しっかりとした傘などをお持ちください。

●15日日曜日 春の嵐

発達した低気圧が北日本に進み、前線が東北地方を通過するでしょう。等圧線の間隔が狭くなり荒れた天気になるおそれがあります。前線周辺は大気の状態が不安定で雨雲が発達し、昼過ぎにかけて、日本海側を中心に大雨となりそうです。また、風は南よりから西よりに変わり引き続き強く、東北地方の広い範囲で交通機関が乱れる可能性があります。お出かけを予定されている方は、時間に余裕を持った行動を心がけましょう。また、海や山のレジャーは控えたほうがよさそうです。最新の気象情報はtenki.jpでご確認ください。

●東北地方の桜は

桜前線は、寒の戻りの影響で東北地方で少し足踏みしていました。来週中頃は再び暖かい空気が流れ込む予想で、桜前線の北上はペースアップになりそうです。東北北部の来週中頃の最高気温は平年より高い日が多い予想で、北部の桜も次々と開花するでしょう。北部では春の大型連休の前半には見頃を迎えるところが多くなりそうです。
最新の桜開花情報は、【tenki.jpの桜開花情報】でご確認ください。