北海道は、8日夕方~9日にかけて太平洋側を中心に大雨となる恐れがあります。大雨や雪解けによる低い土地の浸水、道路の冠水、土砂災害、河川の増水、なだれに十分注意してください。また、太平洋側では9日は高波に警戒が必要です。

8日夜から9日にかけて、低気圧が北海道に接近・通過し、南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。8日は夕方から夜にかけて全道的に天気が崩れ、日本海側南部や太平洋側を中心に雨、日本海側北部やオホーツク海側、山沿いのなどでは湿った重たい雪やミゾレとなる見込みです。9日にかけて広く雨が降り、峠や山沿いでは湿った雪が降るでしょう。太平洋側を中心に断続的に激しい雨の降り方となり、大雨となる恐れがあります。また、南よりの風が強まり、太平洋側ではウネリを伴い6メートルの大しけとなる海域があるでしょう。
上空約1500メートル付近では5月中旬から下旬並みの気温となる予想です。そのため、8日夕方から9日にかけて気温が上昇し、雪解けが急速に進む見込みです。道南方面や道北など積雪が平年より多くなっている所もあります。このような状況下で8日夜遅くから9日にかけて大雨となる恐れがあるため、雨や急速な雪解けによる低い土地の浸水や道路の冠水、土砂災害、河川の増水、なだれなどに十分注意が必要です。車を運転する方は、冠水した道路で立ち往生する恐れもあります。道路状況や気象状況の十分な確認をお願いします。

【 雨の予想 】
8日12時~9日12時の24時間降水量
太平洋側西部            150ミリ
日本海側南部、太平洋側東部     120ミリ
日本海側北部、オホーツク海側    60ミリ
【 波の予想 】
9日の波の高さ
太平洋側     6メートル(ウネリを伴う)
【 風の予想 】
9日の最大瞬間風速(陸上)  南の風
網走地方       30メートル
北見・紋別地方    25メートル
(ピークは9日の朝~昼過ぎ)