• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • DHC
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • LiveMe
  • MATCHNOW
  • じゃらん

インナーマッスルの記事一覧

スポーツ心臓はインターバルトレーニングで作る

2018.10.24 07:00

スポーツ心臓とは、マラソン選手などの心臓が一般人の2倍近くも大きくなる現象です。心臓が大きくなることで送り出す血液量がアップ。酸素や栄養が体の隅々に届くだけでなく、老廃物も大量に除去できます。そんなスポーツ心臓を作るのがインターバ...続きを読む

大腿二頭筋ストレッチが腰痛解消に効果的な理由

2018.10.23 07:00

長時間のデスクワークなど、同じ姿勢が続くことによって引き起こされるのが腰痛です。そんなときによくしがちなのが、立ち上がって反って腰を伸ばすストレッチ。しかし、このストレッチは間違いです。おすすめは大腿二頭筋のストレッチ。大腿二頭筋...続きを読む

絶食ダイエットは絶食中ではなく絶食後が大切

2018.10.22 07:00

絶食ダイエットと聞くと、いかに空腹をしのぐかなど「絶食中」に目が行きがち。しかし、絶食ダイエットのポイントは絶食後のプロセスにあります。いったん大きく減らした食事量をゆっくり回復させて、元よりも低いレベルで満足できる体にすることが...続きを読む

正しいスクワットが腰痛改善に効果がある理由

2018.10.21 07:00

正しいスクワットは太ももだけでなく体幹を鍛えられます。体幹を鍛えることは背骨の負担を軽くするため腰痛改善に効果大。しかも、股関節の動きをスムーズにすることで腰の負担を軽くする効果も期待できます。すなわち、正しいスクワットは腰痛改善...続きを読む

お尻の筋肉をストレッチして腰痛を改善する方法

2018.10.20 07:00

腰痛に悩む人の共通点が「お尻の筋肉のコリ」です。お尻の筋肉が硬いと連動して動く股関節の動きに障害が発生。腰にかかる負担が大きくなって腰痛となるのです。つまり、腰痛改善のカギはお尻の筋肉が握っているということ。お尻の筋肉をストレッチ...続きを読む

食後の運動は肥満ホルモンの分泌を抑えてくれる

2018.10.19 07:00

食後の運動は肥満ホルモンの分泌を抑えてくれます。というのも、食事をすると血糖値の上昇を抑えるために、肥満ホルモンとも呼ばれるインスリンが分泌されるもの。ところが食後30以内に運動すると血糖値の上昇を自然と緩やかにすることができるの...続きを読む

巻き肩が原因で腰痛に!?“隠れ巻き肩”に注意

2018.10.18 07:00

両肩が内側に向いた状態が巻き肩。猫背にようになる巻き肩はよく知られていますが、じつは一見姿勢がよくてもじつは肩が内側に向いている“隠れ巻き肩”が存在します。巻き肩は肩こりや首こりの原因として知られていますが、この隠れ巻き肩は腰痛の...続きを読む

僧帽筋ストレッチで肩こり・首こりを解消する

2018.10.17 07:00

肩こりや首こりで硬くなりやすい筋肉が僧帽筋。僧帽筋は肩甲骨を動かす筋肉で可動域が大きい一方で、デスクワークで一定の姿勢を強いられると硬くなりやすいのです。このため、ふだんから僧帽筋をストレッチしていれば肩こりや首こりの解消が可能。...続きを読む

首のストレッチが頭痛を悪化させることもある

2018.10.16 07:00

頭痛は対処法を間違えると、かえって悪化させてしまうことがあります。「頚性頭痛」はその典型例。首のストレッチをすると、かえって頭痛の症状が悪化するのです。首のストレッチで頭痛が悪化してしまうという頚性頭痛について、詳しく見ていきまし...続きを読む

ドライマウスを防止するお口のトレーニング

2018.10.15 07:00

睡眠中に口が開いてしまう唾液蒸発型のドライマウスが増えています。放っておくと歯周病や口臭、口腔カンジダ症になってしまいます。さらには、誤性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こすこともあるのです。そこで、ドライマウスを防止する「お口...続きを読む

1 / 41234
ページトップ