2018年9月14日

住友理工株式会社

完結!住友理工のお仕事マンガ
~知っているようで知らない住友理工の仕事~

 住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役 社長:松井徹)は、昨年よりWebサイトに掲載してきた、当社事業をマンガで紹介する「知っているようで知らない住友理工の仕事」が全16回で完結したのでお知らせいたします。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809147939-O1-6m4Js558
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201809147939-O2-P6i9mW34
Webサイトのマンガページへ

 当社グループの事業分野は「自動車(モビリティ)」「インフラ・住環境」「エレクトロニクス」「ヘルスケア」と多岐に広がっています。本マンガ企画は、従業員に他部署の業務についての理解をもっと深めてもらいたいという思いで企画しました。
 月刊の社内報「みつくみ」で毎号8ページカラー連載し、Webサイトにも掲載することで、広く一般の方にも住友理工の仕事を知っていただく機会を作りました。社内報への掲載は、2017年5月号(4月28日発行)から始まり、18年8月号(7月31日発行)で完了。Webサイトへの掲載も18年9月で完了しました。

 友井理子(ともいりこ)という架空の新人広報部員が各部署に取材をしている内容をイラストと文章で分かりやすく説明。実際の制作は、広報IR部員が各部署へ取材した内容をもとに、マンガ制作会社に依頼して制作しました。登場人物は、実在の従業員をモデルにイラスト化。名前をもじったり、性別を変えて登場してもらうなど、当社従業員にとって楽しんでもらえる工夫をしました。取材にあたった広報IR部員にとっても初めて知る内容や、化学的・工学的な内容が多く、分かりやすく表現することに苦心しました。

 社内報に掲載が始まった当初は、従業員に受け入れられるか不安でしたが、1話完成するごとに「印刷して工場に展示したい」「海外でも使用したい」との依頼があり、2018年8月に行った社内アンケートでは、約1,400人の回答中、87%の従業員から、マンガを「必ず読む」「読む」という回答が得られました。
 また、昨年開催された「東京モーターショー2017」では、本マンガの自動車関係部分(第1~5話)のみを1冊の本にまとめ、当社出展ブースで来場者に配布。5,000部を準備したところ、会期中に全て配布完了するほどご好評をいただきました。

 今後は英訳を行い、23ヶ国106拠点に広がる当社グループ従業員や海外の一般の方にも、事業内容を楽しく知っていただける一助となればと考えています。
 また、就職先として当社グループを検討いただいている、新卒採用・キャリア採用の皆さまにとって、仕事の内容を理解していただくきっかけになることを期待しています。

以上


情報提供元:PRワイヤー
記事名:「完結!住友理工のお仕事マンガ