2018年2月8日

ダイキン工業株式会社

冷媒の温暖化影響76%削減、省エネ性にも優れた業務用個別運転マルチエアコン
業界初 低温暖化冷媒HFC-32採用『GREENマルチ』を新発売

ダイキン工業株式会社は、業界で初めて低温暖化冷媒HFC-32(R32)を採用し、従来機種より大幅に環境性を高めた業務用個別運転マルチエアコン『GREENマルチ』を、2018年8月より発売します。

近年、世界では地球温暖化への対応として、環境負荷の少ない冷媒への転換が急がれています。2019年1月に発効される、モントリオール議定書におけるキガリ改正では、批准国はHFCのCO2換算による温暖化影響を段階的に削減することが義務付けられます。
この度発売する『GREENマルチ』は、業務用の個別運転マルチエアコンで初めて、環境性と省エネ性に優れる低温暖化冷媒HFC-32を採用しました。
HFC-32は従来のR-410Aに比べて地球温暖化係数(GWP)が低く、エネルギー効率に優れ冷媒充填量が削減できるため、本製品の冷媒による温暖化影響は、従来機に比べて76%の削減を実現しました。これはキガリ改正における2029年までの削減目標に相当するものです。さらに使用期間中においても高い省エネ性でCO2排出量を削減し、環境負荷を低減します。

当社は今後も、冷媒と空調の両方を取り扱うメーカーとして、省エネ性にも優れ、より環境への影響が低い冷媒・空調機器の普及を着実に進めていくことで、地球温暖化の抑制とお客様満足の両立を目指します。

【商品の特長】
1.地球温暖化への影響を従来機比76%削減
・地球温暖化係数(GWP)が、R-410Aの1/3である低温暖化冷媒HFC-32を採用
・HFC-32のエネルギー効率の高さと「マイクロチャネル熱交換器」の搭載により、従来機と比較してシステムの冷媒量を25%削減し、冷媒の温暖化影響を76%削減

2.運転中においてもCO2排出量を削減し環境負荷を低減
・「マイクロチャネル熱交換器」による熱交換効率の向上により、高い省エネ性を発揮
・冷媒での温暖化影響だけでなく、運転中のCO2排出量の削減にも貢献

3.環境性に加えて室内の快適性にも配慮した技術を搭載
・室内の状況に合わせて冷媒温度をきめ細かくコントロールすることで、設定温度付近での室温変化を抑え快適性を持続

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「業界初 低温暖化冷媒HFC-32採用『GREENマルチ』を新発売