TOKYO, Nov 20, 2019 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)と米国の大手総合病院であるメイヨー・クリニック(Mayo Clinic)は、北米初となる重粒子線治療システムの納入に関して基本合意書を締結しました。重粒子線治療システムは、メイヨー・クリニックのフロリダ州ジャクソンビルにある病院向けに建設される予定です。

重粒子線治療は1970年代に米国で研究が開始されましたが、現在、北米で治療を行っている施設はなく、アジアやヨーロッパのいくつかの施設で治療を行っています。

「メイヨー・クリニックは、フロリダ州、ミネソタ州、アリゾナ州に拠点を置く、NCI(National Cancer Institute)指定総合がんセンターとして、北米初の重粒子線治療システムを導入する使命があります。重粒子線治療は、従来、治療が難しかった患者を治療する方法として、大きな可能性を秘めています。」とメイヨー・クリニックのジャンリコ・ファルジアCEOは述べています。

「深刻で複雑な悩みを抱える患者に革新的な治療を提供することは、メイヨー・クリニックのDNAです。重粒子線治療を患者に提供することを可能にする日立との長年のパートナーシップを誇りに思います。」とメイヨー・クリニック・フロリダのケント・ティーレンCEOは述べています。

メイヨー・クリニック・フロリダの放射線治療科長スティーブン・バスカークは、「メイヨー・クリニックの研究者は、複数の治療法の組み合わせや新しい治療法を含めて、さまざまな種類のがんに対する重粒子線治療の有効性を評価できます。」と述べています。

日立の執行役副社長の小島啓二は、「メイヨー・クリニック・フロリダに北米初の重粒子線治療システムを納入することは非常に光栄です。日立は日本で重粒子線治療システムの納入実績があり、既に治療が行われています。さらにアジアでは、2施設に重粒子線治療システムの設置を予定しています。日立が持つ重粒子線治療システムの実績やデジタル技術、メイヨー・クリニックとのパートナーシップを通じて、北米だけでなく世界中で、先進的ながん治療の実現と社会価値の向上に貢献できると確信しています。引き続き、日立はメイヨー・クリニックとのパートナーシップを強化していきます。」と述べています。

ミネソタ州ロチェスターのメイヨー・クリニック放射線治療科長のナディア・ラックは、「炭素を用いる重粒子線治療は、陽子やヘリウム、その他の粒子を含む粒子線治療の一種です。重粒子線治療は、従来の放射線療法に耐性のあるがんにも治療効果を発揮します。がん細胞に集中して照射することで、がん細胞に隣接する正常組織への影響を抑えることができるため、放射線の影響を受けやすい器官周辺のがん治療に適しています。メイヨー・クリニックの放射線治療医および医学物理士は、アジアとヨーロッパで長年、重粒子線治療を研究しており、治療計画と治療に関する高度な専門知識を有しています。」と述べています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/11/1120a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。



Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「米国メイヨー・クリニックと日立が北米初の重粒子線治療システムの納入に関する基本合意書を締結