TOKYO, Aug 7, 2019 - (JCN Newswire) - 日立グローバルライフソリューションズ株式会社(取締役社長:谷口 潤)は、高硬度水(*1)や井戸水にも対応(*2)でき、無償保証期間5年間(*3)を実現した家庭用エコキュート(*4)「ナイアガラ タフネス」BHP-FW46SDなど7機種を10月10日より順次発売します。

新製品の開発背景
政府が2015年7月に発表した「長期エネルギー需給見通し」では、家庭部門における省エネルギー対策の一つとして、エコキュートの導入を挙げ、2030年度に1,400万台の普及見通しを示しています。

その一方で、配管詰まりの原因となるカルシウムなどが多く含まれる高硬度水や井戸水を使用する世帯では、一般的なエコキュートを利用できないという課題がありました。

従来から高硬度水・井戸水にも対応できる機種を手がけてきた当社では、無償保証を充実させ、機能強化を図った新製品を提供します。これに合わせて新製品を「ナイアガラ タフネス」と名付け、エコキュート普及に向けた課題解決策として広く周知していきます。

新製品の主な特長<家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」BHP-FW46SDなど7機種>

1. タンクの湯を熱源に使用する日立独自の構造などで、高硬度水や井戸水にも対応
本製品は、水道水を瞬間的に沸き上げて給湯する「水道直圧給湯」方式を、シャワー・蛇口・ふろの湯はりの全てに適用し、タンクの湯を熱源として繰り返し使用する日立独自の構造を採用しています。この構造では、減圧弁方式(*5)のエコキュートに比べ、タンクの水の入れ替え量が約30分の1以下(*6)となり、ヒートポンプユニットなどの配管が詰まる原因となるカルシウムなどの流入量を減少させます。また、給湯側配管には、腐食の原因となる遊離炭酸などを含む水質に強いステンレス配管と樹脂製継ぎ手部品を採用しています(*7)。これらにより、高硬度水や井戸水にも対応できます。

2. 無償保証期間5年間を実現【New】
本体1年・冷媒回路3年の無償保証を延長し、タンク(缶体)と同じ5年間の保証(*8)を実現しました。

3. 新機能「おまかせ小世帯」を加えた新「インテリジェント制御」(タンク容量560Lの機種除く)【New】
センサー検知や学習機能で効率的な制御を行う「節約サポート機能」などの「インテリジェント制御」に、学習機能で小世帯向けの沸き上げ湯量と温度に調整する「おまかせ小世帯」を加え、充実させました。

このほか、「水道直圧給湯」方式をシャワー・蛇口に適用した「ナイアガラ出湯」では、高効率タイプBHP-FV46SDなど2機種と標準タイプBHP-F46SDなど7機種を、減圧弁方式では、フルオート(*9)BHP-F46SUなど10機種と給湯専用BHP-ZA46SUなど6機種を、10月10日より順次発売します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/08/0807.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。 Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立グローバルライフソリューションズ、硬度の高い水道水(高硬度水)や井戸水にも対応できる家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」を発売