TOKYO, Nov 29, 2018 - (JCN Newswire) - 三菱自動車は、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』が日本における自動車の安全性能を試験・評価する平成30年度自動車アセスメント(以下、「JNCAP*1」)衝突安全性能評価において、最高評価を獲得したことを発表しました。また、平成30年度「JNCAP*1」予防安全性能評価においても、「ASV++(エーエスブイ ダブルプラス)」を獲得し、衝突被害軽減など、様々な領域において安全性能の高さが証明されました。

衝突時のエネルギー吸収とキャビンの変形抑制を両立させた衝突安全強化ボディ「RISE」に加え、高い乗員保護性能を実現するよう設計したシートベルトと7つのSRSエアバッグを採用。また、デザインを最重視したクーペSUVながらも、ヘッドライト・バンパー等の車両先端部分の衝撃吸収性を高め、エンジンフード下に十分なスペースを設ける事により、高い歩行者保護性能を確保しています。さらに、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM*2」の採用により、高い予防安全性能も確保しています。

『エクリプス クロス』は、日本の「JNCAP*1」のほか、これまでに欧州の「Euro NCAP」、豪州・ニュージーランドの「ANCAP」、アセアン地域の「ASEAN NCAP」、南米地域の「Latin NCAP」でも高い評価を獲得しています。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2018/detail5259.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「Drive@earth」
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「三菱自、『エクリプス クロス』が平成30年度自動車アセスメント(「JNCAP」)の衝突安全性能評価において最高評価を受賞