TOKYO, Sep 13, 2018 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立) の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レールイタリア社(CEO:モーリツィオ・マンフェロット)は、このたび、イタリア共和国(以下、イタリア)の鉄道事業会社であるFNM S.p.A. (Ferrovie Nord Milano/以下、FNM)と、最大で120編成、最小で50編成(4両編成と5両編成を含む)の2階建て車両を供給する包括契約を締結しました。また、本包括契約に基づき、FNMの子会社である鉄道運行会社FERROVIENORD (以下、フェッロヴィーエノルド社)から、30編成(120両)を2億3,751万ユーロ(約300億円)で、受注しました。

本車両は、ロンバルディア州の路線を走行する予定で、2020年からフェッロヴィーエノルド社に納入されます。最先端の欧州統一列車制御システムであるERTMS (European Railway Traffic Management System) やETCS (European Train Control System) に対応しており、また、従来比30%のエネルギー消費削減や低騒音といった特徴を有しています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2018/09/0913.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

 Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「日立レールイタリア社がイタリア鉄道会社FNMと2階建て車両の納入に関する包括契約を締結