TOKYO, Feb 20, 2018 - (JCN Newswire) - 当社は、流通業界のお客様が保有されている販売管理や在庫管理、輸配送などをはじめとしたサプライチェーンの各システムに蓄積されたデータや、作業員の位置情報、バイタルなどのセンシングデータを連携させ、新たなデータ利活用を実現するIoT活用サービス基盤「FUJITSU IoT Solution SMAVIA(スマーヴィア)」(以下、SMAVIA)を2月20日より販売開始します。

「SMAVIA」は、業務システムでそれぞれ管理されているデータを、クラウド上に収集・統合し、物流倉庫などの現場における人・物・環境などのセンサーデータと組み合わせて、販売や在庫の状況、物流コスト、人の作業効率などを分析することで、流通業界で課題となっている人手不足への対応や売上の最大化に向けた最適な改善施策へつなげ、お客様のさらなる競争力強化を実現するサービス基盤です。

業務システムやIoT機器のセンサーデータを収集・蓄積し、流通在庫の最適化や作業員の能率の可視化などの機能を実現する当社の独自アルゴリズムをAPIとして提供する「FUJITSU IoT Solution SMAVIA プラットフォーム」(以下、「SMAVIA プラットフォーム」)と、それらのデータをもとにお客様の業務を分析・可視化し、改善を支援するデータ利活用サービスで構成されています。今回、「SMAVIA プラットフォーム」とデータ利活用サービス3種を販売開始します。

当社は今後、データ利活用サービスの拡充や、当社のAI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」(以下、「Zinrai」)を用いたデータの分析・予測など、サプライチェーンの横断的なデータ利活用を推進し、流通業界のデジタル革新を支援します。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2018/02/20.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2018 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通、流通業界のデジタル革新を加速するIoT活用サービス基盤「SMAVIA」を販売開始